脳科学などバイオ研究のニュースや話題 11.23 Thu
研究・実験書
回遊・渡り:巡(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ)

¥ 2,484
 動物は、生活史の中のさまざまな段階で、さまざまな理由により、さまざまな距離を移動する。鳥の渡りや魚の回遊などは、摂食、成長、生殖や体液浸透圧調節などの生理機能に密接に関連し、季節の移り変わりに応じて起きている。一方、予期せずに起こる生息環境の変化に対応するためにも動物は移動する。本書は、回遊と渡りに代表される“移動”のしくみをホルモンの側面から解明しようとする研究の成果を基に、水圏から陸、空のさまざまなフィールドで繰り広げられる動物の生き生きとした“移動”の様を紹介するものである。
回遊・渡り:巡(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ)

amazon

マンガでわかる技術英語

マンガでわかる技術英語¥ 2,484
 英語論文必勝法をマンガで学べる!!国際交流の増加や企業の国際進出にともない、世界共通語である英語力は不可欠です。そのなかで技術英語は研究者や技術者にとって必須であり、論文を読む、書く、の能力向上が求められています。技術系に関わる人は専門的な独特の表現をする技術英語を使います。本書は技術系企業で技術英語を使う必要が出てきた社会人を主な読者対象としています。技術英語をマスターする秘訣はまず英語にしやすい日本語を書くこと。そして自分が書きたい内容に近いお手本を見つけることが大切です。本書は技術英語を読み書きできる2つのスキルの獲得を目指し、やさしく解説していくものです。
詳細を読む

amazon

生体防御・社会性:守(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ7)

生体防御・社会性:守(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ7)¥ 3,132
 生物は身を守るためにさまざまな防御手段をもっている。分子レベルで異物を認識し排除する免疫、自らの姿を周囲の風景に溶け込ませることによって敵をやり過ごす擬態、全体の力で外敵に備える“群れ”……。これらの別個に見える一連の防御活動に広く目を向けることは、ホルモンの多機能性と進化を理解する上で大変に重要である。本書では、生体防御を司る内分泌系に焦点をあて、第一部では体内における防御機構として、おもに免疫系についてさまざまな観点から解説した。第二部では個体における防御機構として、擬態や保護色、体色変化、粘液などを取り上げた。第三部では集団における防御機構として、群れやなわばり、社会順位、昆虫の社会性などを紹介した。
詳細を読む

amazon

絵とき 植物生理学入門 改訂3版

絵とき 植物生理学入門 改訂3版¥ 3,672
 植物生理学を豊富な図やイラストでわかりやすく解説!植物生理学の基礎について、図やイラストを使ってわかりやすく解説した2007年発行書籍の改訂版(改訂3版)。改訂3版では、章構成自体を見直し、記述内容もブラッシュアップして、より使いやすく、学習しやすい入門書になっています。大学テキストとしてもお勧めです。
詳細を読む

amazon

実践のための基礎統計学

実践のための基礎統計学¥ 2,808
 知識ゼロからはじめるデータサイエンス。豊富な図や演習で、理解が深まり、個々の問題に適用するための基礎を身につけることができる。統計検定2級,3級受験者にも好適。実践志向のやさしい統計本。
詳細を読む

amazon

生物系のためのやさしい基礎統計学

生物系のためのやさしい基礎統計学¥ 2,376
 大学1・2年生向け講義のテキストとして最適!バイオで頻出する例題を解きながら、統計の基本的な考え方やデータの処理方法が自然と身につきます。エクセル操作のポイントを紹介するので、実験レポートや卒論でも役立ちます。
詳細を読む

amazon

英語医学論文の書き方がわかる本:知らなければ損をする! 翻訳者がガッチリ教える!

英語医学論文の書き方がわかる本:知らなければ損をする! 翻訳者がガッチリ教える!¥ 2,808
 英語で医学論文を執筆することを思うと気が重くなる・忙しくて手が付けられないという臨床医や学生に向けて、その基礎基本を翻訳者の立場から伝授します。論文とは何かという初歩的な話から、効率のよい学習方法、英文校正会社や翻訳会社の選び方、スムーズな依頼方法など、知らなくても何とかなるけれども知っておけば必ず得するテクニックが詰まっており、すでに論文をいくつか発表されている方にとっても、これまでの自分のやり方の見直しや見落としていた点の補強に役立ちます。これを読めば、執筆の手前でどこから手を付ければよいかわからない、という方の不安も解消され、スムーズに執筆を進めることができるでしょう。学生の論文指導をされる先生方にもおすすめです。
詳細を読む

amazon

再生医療と疾患解明の鍵となる組織幹細胞

再生医療と疾患解明の鍵となる組織幹細胞¥ 5,832
 再生医療においてiPS細胞と双璧をなす注目度の「組織幹細胞」.なぜ今「組織幹細胞」の知見が重要なのか?オルガノイドや幹細胞疾患の重要知見とともに,「組織幹細胞の維持・分化制御」の最先端に迫ります!
詳細を読む

amazon

見えてきた予防・根治の可能性 アレルギー新時代:IgE発見から50年を迎えて

見えてきた予防・根治の可能性 アレルギー新時代:IgE発見から50年を迎えて¥ 2,160
 日本人の約半数が患っていると言われるアレルギー疾患.皮膚感作,細菌叢との関連,バリア機能の破綻などアレルギー発症機序の根幹に迫る研究から,真の治癒をめざした新療法の開発動向までご紹介します!
詳細を読む

amazon

数理生物学講義(基礎編)数理モデル解析の初歩

数理生物学講義(基礎編)数理モデル解析の初歩

¥ 3,672
 本書は,生命現象に対する数理モデルの数学的解析への入門として,数理生物学(Mathematical Biology)の典型的な基礎数理モデルと関連する基礎概念,その解析に必要とされる基本的な数学的手法を解説する教科書です。本書は,大学理系学部教養課程半期の数理生物学入門相当の講義に活用されることを視野に入れた内容に限定しています。想定される講義の重要な目的は,数理生物学に現れる典型的な基本数理モデルを紹介しつつ,生物学の概念に係る数理モデル解析において用いられる基本的な数学的手法を受講生に解説することとしました。
詳細を読む

amazon