バイオ研究を紹介するネットメディア 10.20 Sun
科学読み物
科学者の不正行為-捏造・偽造・盗用

husei
¥2,520
科学者の引き起こした捏造・偽造・盗用などの事件によって、研究者の世界はいまや危機的状況にある。研究発表を中心とした科学者の不正行為という視点から、科学活動を目に見える実態として提示し、詳細に検討する。 記事を読む

科学者の発表倫理: 不正のない論文発表を考える

kagakusya
¥2,730
 論文発表における倫理の必要性を伝える。論文発表における不正行為の実態と影響を可視化し、当事者の問題に留まらないことをを説く。 記事を読む

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた

yamanaka
¥1,260
祝・ノーベル賞受賞! 唯一の自伝。はじめて明かした、研究人生とiPS細胞のすべて
決して、エリートではなかった。「ジャマナカ」と馬鹿にされ、臨床医をあきらめた挫折からはじまった、僕の研究――。
記事を読む

破壊する創造者-ウイルスがヒトを進化させた


¥2,625
鳥インフルエンザやエイズはやがて無害になる?ヒトゲノムはウイルスがつくった?ウイルス学のがん治療への応用とは?ミクロの微粒子が現代ダーウィニズムを書き換える。生命観を一変させる衝撃の書。 記事を読む

身近なクスリの効くしくみ-薬理学はじめの一歩

1
¥1,659
風邪薬、頭痛薬など薬の種類は多々ありますが、それらはいったいどのように身体に作用しているのでしょうか? 本書では、薬の効くしくみについての基本的な考え方を薬理学に沿って概説します。 記事を読む

脳のなかの匂い地図
1
¥840
食欲をそそるいい匂い、果実の爽やかな香り。食べ物は匂いがあるから「おいしさ」も引き立つ。いい香りは心地良さや精神の安定につながる。いやなにおいがすれば逃げ出したくなる。しかし、香りを感じる脳のメカニズムは、長らく分からなかった。なにしろ、数十万種類もの香り分子を脳はいったいどのようにして感じるというのか、大きな壁が科学者の前に立ちふさがっていた。本書は、この謎を解き明かしてゆく近年の驚きと新発見に満ちたドラマを再現する。 記事を読む
うまい雑草、ヤバイ野草-日本人が食べてきた薬草・山菜・猛毒草 魅惑的な植物の見分け方から調理法まで
1
¥1,000
野や山、いやもっと身近なところに、おいしい雑草や野草が生えています。
そんな宝物を見つけて、おいしく調理して食べたときの喜びは格別です。
ただ、似て非なる危険なものもなかにはあるのです。
その見分け方の秘訣を、本書でバッチリ解説していきます。 記事を読む