バイオ研究を紹介するネットメディア 12.11 Wed
バイオコラム
研究者が発見した「明晰夢」をみる方法で成功率が上昇

1

「明晰夢」とは、「いま、自分は夢を見ている」と自覚できる特別な夢のことです。現実世界のようにリアルなのに、現実では絶対にできないことが自在にできるまさに「夢のような世界」です。
記事を読む

男性型脱毛症「AGA」もまた、ストレスや生活習慣で重症化する可能性

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝的要因や男性ホルモンの影響があるとされてきましたが、実は環境的要因も関係していることが明らかになってきました。やはり、生活習慣やストレスもまた悪影響を及ぼしているようです。
記事を読む

親の経済状態が悪いと子どもの体重増加不良のリスクが上昇

1

低所得世帯では乳児が「体重増加不良」となるリスクが高いことが明らかにされています。経済的な理由で栄養のある食事を提供できなかったり、ネグレクトなどが関連している可能性が指摘されています。
記事を読む

睡眠呼吸障害が高血圧と関連している

1

睡眠中に呼吸パターンが乱れる「睡眠呼吸障害」が高血圧に関連するけれども、短時間睡眠は高血圧と関連がないことが調査によって明らかにされています。
記事を読む

ホモ・サピエンスが生き残った要因は小脳の大きさ?

1

われわれ人類、つまり「ホモ・サピエンス」はどのように進化してきたのか。かつては、ネアンデルタール人から進化を経て生まれたと解釈されていましたが、現在では両者は5千年もの間、はヨーロッパにおいて共存していたと考えられています。今から、およそ4万年前のことです。
記事を読む

時間をかけて熟考してからの失敗が、高い学習効果を生む

11

学校の定期試験や受験、あるいは資格試験などで最も重要な勉強法のひとつに、「問題を解く」ことが挙げられます。

問題を自分の力で解答したのちに正解を確認して、自分の中で間違っていた記憶や解法を修正していくことで、着実に学習を進めていくことができるからです。
記事を読む

サルは温泉入浴で冬のストレスを軽減していることが判明する

1

温泉につかるニホンザルの姿は日本では有名ですが、どうやら温泉に入ることで実際にストレスを緩和していることが明らかになりました。ストレスホルモンの濃度を下げる効果があるようです。
記事を読む

よりハードな仕事は老兵が担うシロアリ社会

1

アリやハチなどの昆虫は複雑な「社会生活」を営んでおり、それぞれの個体の年齢によって担当する仕事の内容が違っています。このような「齢分業」にはどのような意味があるのでしょうか。
記事を読む

シソに含まれる香気成分に腸炎を抑える効果を確認

1

和食によく登場する「シソ」は漢方の原料でもあります。むかしから解熱作用や整調作用、あるいは抗炎症作用があるとされてきましたが、今回、腸の炎症を抑える機能があることが実験で証明されました。
記事を読む

蚊は2つのポンプを使って「ゴクゴク」と「ゴックン」を飲み分ける

1

蚊は液体のエサを飲み込むときに2つのポンプを巧みに使い分けることで、さまざまなエサを上手く飲み込むワザを身につけていることがわかりました。
記事を読む

英文を処理するやり方は男女で違う、文法優先かことばの意味優先か

1

脳の活動においていくつかの男女差がみられることは、さまざまな研究から明らかになってきており、また実際の生活においても男女の違いをさまざまな場面で感じることがあります。
記事を読む

学習や記憶力を高めるために海馬グリコーゲン量を増加する方法

スポーツでは筋肉に蓄えるグリコーゲンの量を増加させて持久力を高める「グリコーゲンローディング」と呼ばれる手法があります。実は学習や記憶をになう脳の海馬でも、グリコーゲン量を増加させて脳のパフォーマンスを向上させることが可能であることがわかってきました。
記事を読む

「同じ量を分ける」か「同じ量になるように分ける」か、どちらの平等を選ぶ?

2

ある特定の量の物資があるとき、それらを複数の人々に分配するにはどうすればよいのか。ほとんどの人たちは「平等に」分配するのがよいと考えていますが、ところで「平等」とはどういう意味での平等なのでしょうか。
記事を読む

睡眠や休息が十分なのに疲れが取れないのは「脳」が疲れているかも

1-12

十分に休んでいるつもりなのに、溜まった疲れがとれないことはありませんか?十分に睡眠を取ったり、あるいは休日にじっくりと体を休めているはずなのになんとなく疲れが取れていないときは、「脳」が疲れているのかも知れません。疲れがどうしても抜けないときは、「マインドフルネス」が脳に休息を与えてくれます。
記事を読む

サリドマイドによる催奇形性はなぜ左手型なのか、分子レベルで解明される

サリドマイドで「左手型」のみの分子が催奇形性を誘発する原因について、奈良先端科学技術大学院大学の研究グループが分子レベルで解明しました。
記事を読む