バイオ研究を紹介するネットメディア 4.27 Fri

傷口が病原体に感染すると光って知らせてくれる絆創膏

感染で光る絆創膏

最近は特殊な機能をもった「絆創膏」が開発されているようです。英バース大学などが開発した絆創膏は、傷口が感染すると色が変化することで知らせてくれるそうです。

傷口が病原菌に感染すると治りが悪くなり、傷痕も残りやすく、さらに重症化すると敗血症や死をもたらすことすらあります。

特に子どもなどリスクの高い患者の場合は、感染を診断するのに48時間もかかることがあることから、予防のために抗生物質に頼ることもあるという。しかし、抗生物質を多用すると細菌が薬剤耐性をもつこともあり、可能な限り使うべきではありません。

そこで、バース大学やブリストル王立小児病院の研究者らは、傷口が感染したときに色が変化する絆創膏を開発しました。感染症を医師がすぐに発見できるため、抗生物質の無駄な使用を避けることができるという。

Colour-changing burns dressing will help in the fight against infection and antibiotic resistance from University of Bath on Vimeo.

開発した絆創膏には、蛍光染料が入った「ナノカプセル」が使われています。傷口の内部で病原体が分泌する毒素によってナノカプセルが活性化して、染料を放出するのだという。

開発したバース大のトビー・ジェンキンス氏は「ナノカプセルは皮膚の細胞の振る舞いを真似て、有害な細菌が存在するときだけ壊れます。普段皮膚に棲息している無害な細菌ではそうはなりません」と説明しています。

現在はまだ研究室で試験されている段階ですが、イギリスの医学研究審議会から100万ポンドの資金を受けており、早期に実用化されそうです。

(via WIRED

新着記事