バイオ研究を紹介するネットメディア 7.22 Sun

目指せ腹割れ!オフィスや教室でも手軽にできる「腹筋トレーニング」

11

お腹周りをスリムにしたい、さらには腹筋を割りたいと思っている人は多いと思います。腹筋が引き締まると服の着こなしもよくなりますし、からだ全体のスタイルも見栄えが良くなりますね。ここではオフィスや教室でも手軽にできる腹筋トレーニング法をご紹介します。

腹筋トレーニングといえばとてもツラーイ運動というイメージが強いですね。みなさんご存じのいわゆる「腹筋運動」なんて、とくにお腹周りにお肉がついていると非常にツライ運動です。それにいつでもどこでもできる運動じゃないと、なかなか続けられないものですよね。

そこでオススメなのは、起きている間で「一番長くいる場所」で行うことができるトレーニング法です。どこだと思いますか?

正解は「椅子」です。デスクワークの仕事をしている、あるいは学生のみなさんも一日のほとんどを椅子の上で過ごしていますよね。そのせいで運動不足になり、お腹周りにぜい肉がついてしまいます。そこで、それを逆手にとって椅子の上でできる腹筋トレーニングをしてしまいましょう。

ヒップフロート

座面の両端を手でつかんだまま、腹筋に力を入れてお尻を浮かします。この状態で3秒間キープします。これを10回行いましょう。

最初はもっと少ない回数からでも構いません。慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

レッグエクステンション

3

座面の端を両手でつかんだまま、両膝を曲げて胸の前に近づけます。そこからゆっくりと膝を伸ばしていきます。膝を曲げて、また伸ばす。これを10回行います。

これもできる回数から少しずつ回数を増やしてましょう。

※レッグエクステンションをやるときは前の人を蹴ってしまわないように注意しましょう!

* * *

2つとも座ったままできるトレーニングですので、1日にやる回数や時間など決めずに「気づいたらやる」「気分転換にやる」ぐらいの軽い気持ちでやります。とにかく毎日やることが大事です。

ただし、周りのひとから変な目で見られる危険性があるので注意しましょう!

画像:AllAbout

新着記事