バイオ研究を紹介するネットメディア 10.17 Thu

コアマッスルを鍛えて肩こりや腰痛を予防!基本の「体幹トレーニング」とは?

正しく体幹トレーニングを行ってコアマッスルを鍛えると姿勢が良くなり、肩こりや腰痛の予防になります。ここでは簡単にできる基本的な体幹トレーニングをご紹介します。

トレーニングは1日、2日やっただけでは効果を得ることができません。確実にからだを変化させるためには、習慣化して長く続けることが最も重要になってきます。

なるべく長く毎日コツコツと続けるためには、より簡単ですぐにできるメニューである必要があります。ここでは、ちょっとした空き時間やテレビのCM中などでもできる「体幹トレーニング」をご紹介します。

フライングドッグ

床に両手、両膝をついた姿勢から「右手と左足」を上へ伸ばします。伸ばしたら2、3秒間静止して、もとの位置に戻します。次は反対側「左手と右足」も同じように行います。

これを10回、行います。コツはゆっくりとキレイなフォームで行うこと。視線は前を向き、「ピンッ」と体が一直線になるイメージで行いましょう。

ハンズアップスクワット

13

左足を前にして立ち、両手を頭の上で組んで手のひらを天井側に向けます。腕を伸ばしながら膝を曲げていき、体を沈めていきます。ギリギリまで沈めたら元の状態へ。

これを左右10回ずつ行います。コツは手をまっすぐに挙げて背筋を伸ばしながら行うことです。

* * *

正しい姿勢で毎日コツコツと続けることができれば、「フライングドッグ」と「ハンズアップスクワット」だけでもコアマッスルが鍛えられ、姿勢がよくなります。

画像:AllAbout

新着記事