バイオ研究を紹介するネットメディア 9.20 Thu

ビールの原料成分に痛みを抑制する効果が発見される

1

ビールの苦みのもとでもあり、雑菌の繁殖を抑える効果のある「ホップ」に含まれる成分に、「痛み」を抑える効果があることがわかりました。麻薬性鎮痛剤では効果がない痛みにも有効である可能性が高いとのことです。

1

6-プレニルナリンゲニンが痛みを抑制するしくみ(近畿大学)

痛みに効果のあるのは「6-プレニルナリンゲニン」と呼ばれる成分で、これはビール原料の一つであるホップに含まれる成分です。

近畿大学の研究グループによると、この成分が知覚神経に発現する原因分子「Cav3.2」を強く阻害するとのこと。

糖尿病患者や抗がん剤による治療でみられる手足のしびれや痛みなどの神経傷害性疼痛、あるいは過敏性腸症候群の患者にみられる腹痛などは麻薬性鎮痛剤が使えず、これらの痛みに有効な治療薬の開発が求められています。

マウスを使った実験では、6-プレニルナリンゲニンが神経傷害による痛みや結腸過敏による腹痛を抑える効果があることがわかりました。また、鎮痛作用や心血管系への副作用がないことも確認されたとのこと。

今後の臨床応用への期待が大きく、実際に製薬企業との共同研究が進行しているとしています。

新着記事