バイオテクノロジー・医薬にまつわる話題をお届け 4.30 Sun

バイオコラム

現実に核兵器による攻撃を受けたときには、どこに逃げたらよいのか

米ソの冷戦時代も終わり、「核戦争」が現実に起きるなんて、正直なところ誰も想像すらしていないと思います。ところが、最近の米国(トランプ大統領)と北朝鮮の関係を見てみると、絵空事とも思えない時代になっています。

しかし、現実に核兵器による攻撃を受けたとき、どうすればよいかを普段から想定している人位はあまりいないのではないでしょうか。

やってくるときは突然です。もし、日本が実際に核攻撃を受けたときに、どこに逃げたら最も安全かについては、前もって調べておく必要があるかも知れません。

とはいえ、専門家でもなければ効果的な避難方法なんてわかりません。そこで、総務省消防庁の国民保護室が作成する「国民の保護に関する基本指針」のポイントを抑えておきましょう。

参考資料:核攻撃等(N攻撃) – kokumin_hinan_02_s2-1.pdf

核兵器攻撃

核兵器による攻撃とは、いわゆる放射性物質を用いた攻撃を含むものをいいます。

核兵器攻撃による人体に与える被害には大きく分けると2種類あります。

1つ目は、核爆発によって発生する「熱線」と「爆風」による直接的な被害です。

2つ目は、核爆発の後、「放射性下降物」による被害です。爆発による被害を受けなかったとしても、その後に空気中を飛んでくる放射性物質を受けることで、被ばくする被害です。

ちなみに、爆薬と放射性物質を組み合わせたものは「ダーティボム」と呼ばれています。

避難施設

それでは、核攻撃に際してどこに避難するのが最も安全なのでしょうか。

指針では、攻撃当初には爆心地周辺からすぐに離れて「地下施設」に避難するのがよいとされています。

そして一定時間が経過した後で、放射線の影響を受けない安全な地域へと避難することになります。

放射性下降物による被ばくを最小限に食い止めるためには、「風下を避けて風向きと垂直方向に避難」すべきとしています。

避難施設の優先順位

核攻撃を受ける際には、より遠く離れた安全な地域に避難すべきですが、そのような時間的余裕がない場合には、以下の優先順位が示されています。

地下施設>コンクリート造の施設>木造施設

つまり、できれば地下施設に避難するのが最も望ましいようです。

もし、すぐに地下施設に避難できない場合には、なるべくコンクリートで造られた建造物の中に避難するのがよいとのこと。

コンクリートの建造物がない場合には、屋外にとどまるよりは木造であっても屋内がよいとされています。

どのくらいの時間、避難すべきか

核爆発後の放射線による被ばくを避けるために、一定時間は地下または屋内の施設に避難すべきです。

それでは、どの程度の時間が経過するまで避難していたらよいのでしょうか。

これについては、「7の法則」と呼ばれる法則があります。これは、空気中に残っている放射線の線量は「7時間ごとに10分の1に減る」というものです。

そのため、2日間(49時間)が経過するまで避難すれば、外の放射線量が100分の1まで減ることになります。

米軍による核実験でも、木造よりもコンクリート、そして地上よりも地下の方が被曝量が減ることが明らかになっています。

避難施設での工夫

避難施設では、どのように過ごしていたらよいのでしょうか。

施設外から放射性物質が入り込むのを避けたり、除染するなどの工夫や、マスクをしたり長袖・長ズボンを着用するなどがまとめられています。

* * *

核兵器による攻撃はあってはならないことですが、現実に起きてしまった場合には、可能な限り身の安全を確保するための行動を自主的にとる必要があります。

事前に攻撃を知ることができた場合は、可能な限り爆心地周辺から離れて地下施設に避難すべきで、もし地下施設がなければ可能な限りしっかりとしたコンクリート造の建造物の中に避難します。もしコンクリート建造物が近くにない場合は、木造の建造物の中に避難します。

また、できる限り皮膚の露出を抑えるために手袋や帽子、ゴーグル、雨ガッパなどを着用し、さらにマスクや折りたたんだハンカチなどを口や鼻にあてます。

爆発後にも放射性物質の飛散があるため、一定時間は建物内に避難している必要があります。

その後の行動については、当局からの指示を適切に受けるためにラジオなどで情報を集める努力が必要になってきます。

核攻撃を実際に受ける可能性は低いかも知れませんが、万が一にも起きてしまったときのために、日ごろから想定しておくことが大事になってくるでしょう。

参考資料:核攻撃等(N攻撃) – kokumin_hinan_02_s2-1.pdf

車に轢かれやすい「鳥頭の法則」とは何か

カラス

車を運転していると、車道の真ん中で鳥が無残な姿で横たわっている様子を見ることがあります。最近の研究から、車にはねられる鳥には「鳥頭の法則」があることがわかりました。
記事を読む

ティラノサウルスとステゴサウルスは親戚関係にあった

過去130年にわたって定説とされてきた恐竜の分類を覆す研究論文が科学誌「ネイチャー」で発表されました。新たな分類では、ティラノサウルスとステゴサウルスが近縁関係とされています。
記事を読む

運動と記憶力アップとの関係、運動前か運動後か?実験結果から考える

学生のころ、散歩など軽い運動をしながら暗記すると記憶力が上がるというような話を聞いたことはないでしょうか。当時はなんとなく「気分転換になるから」くらいにしか思っていませんでしたが、どうやら本当に記憶力アップにつながるようです。
記事を読む

結局のところ、睡眠はどうすればよいのか?厚労省の「睡眠指針」を読み解く

健康な生活習慣のためには「良質な睡眠」を心がける必要があることは、よく知られています。睡眠の質を良くする方法について数多くの情報がありますが、結局のところ、どういう点に気を付ければよいにでしょうか。ここでは、厚生労働省が作成する「睡眠指針」を読み解くことで、最良の睡眠方法を学びます。
記事を読む

破傷風菌が出す地球最強の毒素「テタノスパスミン」による恐るべき症状とは

「テタノスパスミン」と呼ばれる毒素を聞いたことはあるでしょうか。地球上にはさまざまな毒をつくる生物が生息していますが、テタノスパスミンはわずか数十ナノグラムで人間を死に至らしめることが可能なため、地球最強レベルと言われています。いったいどのような毒素で、どのような症状を引き起こすのでしょうか。
記事を読む

水戸市で「ヒグマ」肉を食べて集団食中毒、原因となった旋毛虫とは?その予防法や症状とは?

昨日、茨城県にある飲食店で「ヒグマ」の肉を食べたことによって集団食中毒が発生しました。原因となったのは「旋毛虫」という寄生虫で、日本国内での発生は35年ぶりだという。いったいどのような寄生虫で、どういった症状が起きるのでしょうか。
記事を読む

口内洗浄液「リステリン」に性感染症の予防効果の可能性、淋菌の増殖を抑制する

最近、「リステリン」という口内洗浄液(マウスウォッシュ)がじわじわと人気を挙げています。ドラッグストアでオーラルケアのコーナーに行くと、あの独特の色彩の影響もあってとても存在感がありますね。実はこのリステリン、口臭や虫歯だけじゃなくて「性病」も予防する効果がある可能性が、実験で示されました。
記事を読む

犬歯には3億年前から「セックスアピール」という大事な役割があった

歯並びを崩しやすい「犬歯」は、さほど役割があるとも思われないためか、八重歯などの原因になっていると「抜歯」してしまうケースもあります。役立たず感のある犬歯ですが、実はとても重要な役目があったという話。どうやら、はるか大昔から「セックスアピール」のための大事な役割を果たしていたという。
記事を読む

薬物検査を専門機関に依頼すると、かかる費用はいくらか?尿と毛髪では料金が違う?

麻薬や覚せい剤、最近では危険ドラッグなどいわゆる「薬物」の使用は健康を害するだけではなく、社会的にも大きな傷を負います。薬物使用といえば、一般的には麻薬取締官や警察官によって検査されるものだと認識されていますが、実は公的機関でなくても専門家による検査を依頼することができます。いったいどの程度の費用で検査することができるのでしょうか。
記事を読む

オーストラリアで数千人の救急搬送、原因となった「雷雨ぜんそく」とは何か

オーストラリア南部にあるビクトリア州で先週、ぜんそくや花粉症の患者ら8500人以上が病院へ救急搬送される深刻な事態が発生しました。原因となったのは「雷雨」だという。いったい何が起こったのでしょうか。
記事を読む

科学的な大発見が得られるのは若いうちだけじゃない

科学的な大発見は、その成果を生み出した科学者の研究人生の中で比較的「早期」に得られていると考えられています。はたして本当でしょうか?数千人の研究者の研究成果を分析した結果が発表されています。
記事を読む

耳たぶのツボ押しは「洗濯バサミ」がちょうど良い

からだの調子を整えるのに効果的なツボというと、手や足の裏などが有名ですが、実は「耳」にも数多くのツボが集まっています。そして耳ツボを押すには「洗濯バサミ」がちょうど良いようです。
記事を読む

香水をつけるべき最適な体の部位は、うなじでも手首でもなく「おへそ」

香水はつける場所によって効果が変わってきます。みなさんはどこにつけていますか?首やうなじ、手首につけている人が多いと思いますが、専門家によると、最も効果的な部位はとても意外な場所でした。
記事を読む

偽物と知っていても痛みが改善する新しいタイプの「プラセボ効果」を発見

偽物の薬を使っても、患者の腰痛が改善するという研究結果が報告されています。それも、患者が「偽薬」だと知っている場合であっても。つまり、いわゆる「プラセボ効果」ではないケースです。
記事を読む