バイオ研究を紹介するネットメディア 5.21 Mon
2017年 3月 3日
信じちゃいけない身のまわりのカガク あなたはそれで、本当に健康になれますか?

信じちゃいけない身のまわりのカガク あなたはそれで、本当に健康になれますか? ¥ 1,404
 もうダマされるのは、終わりにしよう。世の中にはびこる、カガクっぽいものを検証&一刀両断!科学的でないのに科学的な根拠があるふりをする“ニセ科学”たち。こういった本当かウソかわからないような健康情報、出所のあいまいなマスコミ報道/口コミ情報などが世にはびこる案件をピックアップし、(架空の研究所である)渋谷研究所Xの亀さんと六さんという二人の研究員が、ボケたり突っ込みを入れたりしながら、その真相に迫ります。また、本文とあわせて大阪大学教授である菊池誠氏による、“学術的な視点での見解”も掲載。本書を読めば “ニセ科学”の本質が鮮明に見えてくるはずです。
詳細を読む

amazon

クマムシ博士の クマムシへんてこ最強伝説

クマムシ博士の クマムシへんてこ最強伝説¥ 1,512
 なかなか死なない不思議な生き物クマムシ。クマムシの信じがたい生態から愛すべき弱点まで、研究室で起こる悲喜こもごもを交え、第一線の研究者が語ります。「どんな状況で生き延びるのか」「どうやって極限状態を過ごすのか」「なぜそんな能力をもっているのか」「普段はどのように生きているのか」といった内容を通じ、生き物の不思議な力を感じられる1冊です。人気キャラクター「クマムシさん」のイラストをたっぷり収録。
詳細を読む

amazon

血圧の科学

血圧の科学¥ 1,728
 「血圧」とは血液の圧力によって血管壁が押される力のことで、血液の量(心拍出量)と血管の太さ(血管抵抗)によって決まるもの。健康な身体を保持するための基盤であり、その数値は高すぎても低すぎても健康に害をなす。本書は、この血圧について、そのもととなる血液の状態から、心臓の動き、血圧のしくみ、血管の状態などを図解でわかりやすく解説する。
詳細を読む

amazon

ささやかな知のロウソク―ドーキンス自伝2―:科学に捧げた半生

ささやかな知のロウソク―ドーキンス自伝2―:科学に捧げた半生¥ 3,996
 『利己的な遺伝子』刊行後、「ダーウィン主義の擁護者」として確固たる地歩を築いたドーキンスは科学啓蒙者としての活動にシフトし、満を持して放った宗教批判の書、『神は妄想である』はまたも世界的ベストセラーとなった。激動の日々を彼はいかに過ごしていたのか。大学教授としての日々の営為、各著作の発想の源と執筆過程、テレビ番組製作・出演をめぐる騒動、論敵らとの丁々発止の論争の一部始終など、世界で最も影響力のある思想家ドーキンスの、『利己的な遺伝子』以降の四半世紀をテーマ別に回想。日本でも行なった公開講義の裏側、影響を受けた師や同僚、編集者、テレビマン、学者仲間の印象的なポートレートなど、本人ならではの切り口で説き語る。
詳細を読む

amazon

へんな生きもの図鑑 暗闇

へんな生きもの図鑑 暗闇¥ 1,814
 ジャガーやライオン、ヘビ、コウモリ、ワニなど、闇にすむ危険な生き物が大集合!闇の中でどうやって狩りをするの?闇の生物がもつ特殊能力とは?大きなイラストで体の特徴もよくわかる!おどろきの生態が満載のオールカラー80P!
詳細を読む

amazon

へんな生きもの図鑑 深海

へんな生きもの図鑑 深海¥ 1,814
 深海には、マッコウクジラなどの大きなほ乳類から、ホタルイカのような小さな生きものまで、多様な生きものがくらしています。また、ホホジロザメのように海面から深海まで、幅広く活動する生きものの存在しています。本書では、深海にくらす、さまざまな生きものを迫力のある写真やイラストでいきいきと紹介していきます。
詳細を読む

amazon

科学者18人にお尋ねします。宇宙には誰かいますか?

科学者18人にお尋ねします。宇宙には誰かいますか?¥ 1,620
 地球外生命はどこにいる? 生物学、化学、物理学、生命科学、天文学……各分野のトップランナーが最新成果を元に究極の謎に答を出す。科学者自筆の宇宙人イラストも収録!
詳細を読む

amazon

恋愛を数学する

恋愛を数学する¥ 1,404
 あらゆる自然現象にルールがあるように、人間の恋愛もパターンに満ち溢れている。ならば、数学の出番。恋人の見つけ方から、オンラインデートの戦略、結婚の決めどき、離婚を避ける技術まで、人類史上もっともミステリアスな対象=LOVEに、統計学やゲーム理論といった数理モデルを武器にして挑む。イギリスBBCなどでアウトリーチ活動に励む数学者が、人生の一大事に役立つ驚くべき知見を引き出しつつ、「数学と恋愛する」楽しさをも伝える。
詳細を読む

amazon

SUPERサイエンス 身近に潜む危ない化学反応

SUPERサイエンス 身近に潜む危ない化学反応¥ 1,760
 化学反応というと、一般の生活には関係ないと思いがちですが、私たちの身近なところには、医薬品、洗剤、脱臭剤、防虫剤、除草剤など多くの化学物質があり、これらの化学物質を正しく使いこなさないと大事故につながります。本書は、家庭での事故を防ぐために必要な化学の知識をイラスト入りでわかりやすく解説します!
詳細を読む

amazon

ピッチと和声の神経コード―心は脳の音楽―

ピッチと和声の神経コード―心は脳の音楽―¥ 3,780
 音楽にとって極めて重要なピッチ(音高)を人間の神経がどのように符号化するのかを詳しく考察。事実と実験結果、推測に基づいた大胆な仮説を提案し、秀逸な知的エンターテインメントとして読むこともできるが、各分野の研究者には多くのヒントやテーマが潜んでいるだろう。神経生理学、音響心理学、音楽理論、物理・工学など、幅広い層の読者に興味深い本だと思われる。
詳細を読む

amazon

ウニはすごい バッタもすごい – デザインの生物学

ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学¥ 907
 ハチは、硬軟自在の「クチクラ」という素材をバネにして、一秒間に数百回も羽ばたくことができる。アサリは天敵から攻撃を受けると、通常の筋肉より25倍も強い力を何時間でも出し続けられる「キャッチ筋」を使って殻を閉ざす―。いきものの体のつくりは、かたちも大きさも千差万別。バッタの跳躍、クラゲの毒針、ウシの反芻など、進化の過程で姿を変え、武器を身につけたいきものたちの、巧みな生存戦略に迫る。
詳細を読む

amazon

ゴジラ幻論 ――日本産怪獣類の一般と個別の博物誌

ゴジラ幻論 ――日本産怪獣類の一般と個別の博物誌¥ 2,160
 2016年、東京に上陸し、丸の内で活動を停止した巨大不明生物、通称「ゴジラ」。従来の生物学の知見では単純に説明することのできない生態や機能、起源と発生プロセスの謎に、生物学の最新知見をもって挑む。「シン・ゴジラ」に登場する女性科学者のレポートや、1954年初代「ゴジラ」の山根恭平博士の孫による講演記録など、科学的知識と虚構が入り交じる一書。
詳細を読む

amazon

植物はなぜ薬を作るのか

植物はなぜ薬を作るのか¥ 950
 それは「動かない」という選択をした植物の「生き残り」戦略だった。ポリフェノール、解熱鎮痛薬、天然甘味料、抗がん薬まで―。なぜ、どのように植物は「薬」を作るのかを、植物メタボロミクスの専門家が最先端の研究成果で説きあかす。
詳細を読む

amazon

AI 人工知能 知るほどに驚き!の話: 基本と最新事情が2時間でわかる!

AI 人工知能 知るほどに驚き!の話: 基本と最新事情が2時間でわかる! ¥ 734
 人工知能に革命を起こした「ディープラーニング」とは?「IoT」化と人工知能の関係は?人間の知力を超えることはありうる?いま話題のAIのすべてがスッキリ理解できる!
詳細を読む

amazon

愛しのオクトパス――海の賢者が誘う意識と生命の神秘の世界

愛しのオクトパス――海の賢者が誘う意識と生命の神秘の世界¥ 2,376
 タコほど人間とかけ離れた動物はそうそういない―個性豊かなタコたちとの交流を通じて見えてきた、“もうひとつの知性”の可能性。愛すべきタコたちと彼らを取り巻く人々との思い出を綴る。
詳細を読む

amazon