バイオ研究を紹介するネットメディア 1.26 Sun

海馬を活性化させて「いやな記憶」を「楽しい記憶」に置き換える

記憶が置き替わる

読売新聞

 海馬を活性化させて「いやな記憶」を「楽しい記憶」に置き換えることにマウスを使った実験で成功したと、理化学研究所の脳科学総合センターの研究チームが発表した。28日付の英科学誌Nature電子版に掲載される。

 実験では、記憶をつかさどる海馬に光を当てると活性化するように遺伝子操作したマウスを使用した。

 まずマウスの足に電気ショックを与えて「いやな記憶」を記憶させた。このマウスの脳に光を当てると「いやな記憶」を思い出し、おびえる行動を示した。

 次に、このマウスの脳に光を当てながらメスと1時間ほど遊ばせた。すると脳に光を当てても怖がらなくなった。つまり、電気ショックによる「いやな記憶」が、メスとの「楽しい記憶」に置きかわったという。

 うつ病では楽しい記憶を思い出しにくいケースが多いことから、将来の治療法の開発に役立つ可能性があるという。

参考:読売新聞

新着記事