バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 6.1 Mon

酒を飲むとすぐ赤くなる「アルコールフラッシング症候群」の人は心臓発作に注意

 酒を飲むとすぐに顔が赤くなる「アルコールフラッシング症候群」の人は、安静時に心臓発作が起きる冠攣縮性狭心症の発症リスクが高いと、熊本機能病院の水野雄二副院長らが米医学誌サーキュレーションで発表した。

 冠攣縮性狭心症は、心臓の冠動脈が異常に収縮して心筋が酸素欠乏となる狭心症で、夜間から朝方に多い。胸痛や息苦しさ、突然死を起こす原因のひとつとなっている。欧米人に比べて日本人に多く、また狭心症の4割以上が冠攣縮性という調査結果もある。

 アルコールは体内でまずアセトアルデヒドへと代謝され、さらにアルデヒド分解酵素によって分解されて無毒化される。日本人の約45%では、同酵素の遺伝子型がアセトアルデヒドの分解能力が低いタイプのため、酒に弱く顔が赤くなる「アルコールフラッシング症候群」の人が多い。

 これまで、飲酒によって冠攣縮性狭心症が誘発されること、さらに同症候群の人は発症の可能性が高いことがわかっていた。今回、202人について分析したところ、同狭心症の患者では同症候群の出現率が68%にのぼり、同狭心症でない人と比べて約27ポイントも高かったという。

 水野医師は「冠攣縮性狭心症は従来、たばこの煙が主な原因と考えられてきたが、新たな原因が分かった。お酒を飲んだら赤くなる体質の方は、この心臓発作に注意が必要」としている。

参考:熊本日日新聞

新着記事