バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 4.19 Fri

サルの脳活動を読み取り車いすを運転、ゴールに成功

 考えるだけで運転できる車いすをサルに操作させて目的地に到着させることに成功したと、米デューク大などの研究チームが発表した。将来は体がまひした患者の状態を改善する治療に役立つ可能性があるという。

 研究チームは、アカゲザルの運動や感覚をつかさどる脳の部位に電極を埋め込み、神経細胞の活動を計測した。

 計測された情報は無線で外部の装置に伝えられた。情報を解読してサルがどこに向かおうとしているかを判断し、それに従って車いすを動かした。

(via 47NEWS