バイオ研究を紹介するネットメディア 10.17 Thu

脳波を読み取って手の指を動かすリハビリ機器、臨床試験を開始へ

 センサーで脳波を読み取った情報を使ってまひした手の指を動かすリハビリ機器について、慶応大とパナソニックの研究チームが臨床試験を開始する。

 開発した装置では、患者の頭に装着したセンサーが脳波を読み取る。

 患者が手の指を伸ばそうと考えたときに発生する脳波の変化が検出されると、機械が指を動かすと同時に腕に電気刺激を加える。

 脳波と連動した動作と電気刺激を繰り返すことで、神経回路の修復を促すという。

参考:読売新聞

 

新着記事