バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 8.6 Thu

お酒を飲むと赤くなりやすい人は骨粗しょう症で大腿骨骨折しやすい

お酒を飲むと赤くなりやすい体質の遺伝子多型をもつ人は、寝たきりの要因にもなる「大腿骨近位部骨折」を起こしやすいと、慶應義塾大の研究グループが発表しました。また、ビタミンEの摂取で予防できる可能性があるとしています。




大腿骨近位部骨折は、骨粗しょう症による骨折の中でも特に重篤で、寝たきりや要介護の原因になります。

研究グループは、大腿骨近位部骨折を起こした92人のゲノムを調べました。

その結果、アルコール代謝でアセトアルデヒドの分解に重要な「ALDH2遺伝子多型」で、お酒を飲むと赤くなるflash syndromeの原因となる遺伝子多型の保有率が高いことがわかりました。

ALDH2の機能が影響を受ける遺伝子多型では、アセトアルデヒドの血中濃度が上昇することが報告されています。

また、アセトアルデヒドによって骨芽細胞の機能障害が起こること、さらにその機能障害はビタミンEによって回避できることもわかりました。

今回の研究結果から、お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい体質である可能性が高く、またビタミンE摂取によってそのリスクを低減できる可能性が示唆されました

参照情報

新着記事