バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 6.1 Mon

メラノーマ細胞の増殖を強力に抑制する新規の化合物を開発

皮膚がんの一種「メラノーマ細胞」の増殖を強力に抑える化合物を開発したと、近畿大の研究グループが発表しました。がん化した細胞のみに作用するため、副作用が少ない抗がん剤の開発につながると期待されます。




研究グループは、分裂酵母を用いてがん細胞の増殖に関わるシグナルである「MAPキナーゼ」の働きを調節する化合物を探索し、新規の化合物「ACA-28」を発見しました。

ACA-28はヒトのメラノーマ細胞の増殖を抑制し、アポトーシスを誘導することがわかりました。

また、この化合物はヒトの正常な色素細胞に対しては影響が少ないため、がん細胞に対してのみ強力に作用することも明らかになりました。

ACA-28は、正常細胞のERK MAPキナーゼを人工的に活性化させてがん化させた細胞に対しても効果があります。そのためメラノーマだけでなく、ERK MAPキナーゼが過剰に活性化する他のがん細胞にも阻害効果があると期待されます。

参照情報

新着記事