バイオテクノロジー・医薬にまつわる話題をお届け 3.25 Sat

バイオニュース

バリンの代謝が肝臓の発生に重要な役割をもつ

肝臓の発生初期の段階でバリンの代謝が成長に重要であることをマウスの実験で突き止めたと、横浜市立大の研究グループが科学誌「Development」で発表しました。iPS細胞などで肝臓細胞を効率的に作製することにつながると期待されます。
記事を読む

アミロイドベータの蓄積に関係する特殊な糖鎖を発見

アルツハイマー病の原因となるアミロイドベータの蓄積に関係する糖鎖を発見したと、名古屋大の研究グループが米科学アカデミー紀要で発表しました。
記事を読む

細菌叢の構成変化を介してクローン病のリスクを高める遺伝子変異を発見

特定の遺伝子の変異が細菌叢の構成を変化させてクローン病の発症リスクを高めていることを、北里大の研究グループが発見して科学誌「Human Genetics」で発表しました。
記事を読む

スマートフォンを使って精子の質を分析できる簡単・安価法を開発

スマートフォンを活用して精子の質を分析できる簡単かつ安価な方法を開発したと、米国の研究グループが医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」で発表しました。
記事を読む

世界で初めて蛍光を発するカエルをアルゼンチンで発見

蛍光を発するカエルを世界で初めて発見したと、アルゼンチン国立自然科学博物館の研究グループが発表しました。
記事を読む

オーストラリアの毒グモの毒素が脳卒中による脳損傷を抑制する

オーストラリアに生息する毒グモ「ジョウゴグモ」が産生する毒素に、脳卒中による脳の損傷を抑える効果があるとする研究結果が米科学アカデミー紀要で発表されました。
記事を読む

がん細胞へのアミノ酸補給を断つ薬剤を開発

がん細胞の栄養源の取り込みを阻害することで増殖を抑制することに成功したと、大阪大の研究グループが発表しました。
記事を読む

脳の老化を加速する可能性のある遺伝子変異を発見、人口の3分の1で見られる

高齢者の脳の老化に関係する遺伝子変異を確認したとする研究論文が医学誌「セル・システムズ」で発表されました。人口の3分の1に見られる頻度の高い変異だという。
記事を読む

合奏でテンポが速くなってしまう「走る」のはシンクロの調節メカニズムが原因

合奏したときにテンポが速くなってしまう「走る」のは、演奏者が緊張したり高揚することより、タイミングを調節するメカニズムに原因があったと、東京大の研究グループが科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」で発表しました。
記事を読む

高い薬理効果が得られる「ナノ粒子点眼薬」を開発、緑内障治療薬で効果確認

緑内障の治療薬をナノ粒子化して、角膜のバリヤ機能を突破する高い薬理効果を確認したと、東北大の研究グループが科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」で発表しました。さまざまな化合物にも応用できるため、新たな眼科製剤の作製法につながると期待されます。
記事を読む

背が低い欧州系の男性は若くして薄毛になりやすい

背が低い欧州系の男性は若くして脱毛症になるリスクが高い可能性があるとする研究結果が科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」で発表されました。
記事を読む

ネアンデルタール人も薬草を使って治療していた

旧人類である「ネアンデルタール人」も、天然の抗生物質や鎮痛成分を含む草木を食べて自己治療していたことが、歯石の分析から明らかになりました。
記事を読む

「モナリザ」の表情の意味を科学的に解明、明確に「喜び」?

長年にわたって議論されてきた、レオナルド・ダビンチの絵画「モナリザ」の表情の意味を調べた研究結果が発表されました。
記事を読む

耳鳴りの症状に関わる神経活動を発見

耳鳴りの原因となる神経活動の関与を突き止めたと、自然科学研究機構生理学研究所などの研究チームが科学誌「Journal of Neurophysiology」で発表しました。
記事を読む

iPS細胞から作製した膵島をサルに移植、血糖値の低下に成功

ヒトのiPS細胞から作製した「膵島」をサルに移植して血糖値を低下させることに成功したと、東京大などの研究チームが発表しました。
記事を読む