バイオテクノロジー・医薬にまつわる話題をお届け 6.29 Thu
研究・開発
お酒の匂いからアルコール度数を推定する手法を開発、超感度センサーとAIの技術を活用

さまざまなお酒の「匂い」からアルコール度数を機械学習を活用して推定することに成功したと、物質・材料研究機構が発表しました。汎用的な手法として応用できることから、果実の成熟度や健康状態の数値化などさまざまな分野で利用できる可能性があります。
記事を読む

1つの生物標本から2D顕微鏡画像と3D形態画像を取得する観察手法を開発

1つの生物標本から2D画像と3D画像の両方を得る新しい観察手法を群馬大などの研究チームが開発しました。薄切標本の2D顕微鏡画像と標本本来の3D情報を得ることで、生物学研究における顕微鏡解析の信頼性を向上させると期待されます。
記事を読む

性交渉が認知機能の低下を食い止めるとの研究結果

定期的な「性交渉」が認知機能の低下を食い止める可能性があることが、英コベントリー大学やオックスフォード大学の研究によって明らかになりました。
記事を読む

母親が肥満だと子供の出生異常リスクが高くなる

母親の肥満度が高いほど生まれてくる子供の出生異常を引き起こすリスクが高くなるとする研究結果が発表されました。
記事を読む

脳波を使って「RとLの違い」が聞き分けられるニューロフィードバック技術を開発

日本語にない音の違いを学習できる「ニューロフィードバック技術」を開発したと、情報通信研究機構などの研究チームが発表しました。日本人が苦手とする「RとL」の音の違いについて、学習しようとせずにリスニング能力が向上するという。
記事を読む

太陽光を浴びずに「日焼け」できる薬剤を開発

日光を浴びることなく「日焼け」することができる塗り薬を開発したとする研究論文が発表されました。紫外線を吸収する色素を作り出す細胞を活性化するという。
記事を読む

T・レックスの体表は羽毛に覆われていなかった

白亜紀後期に生息していたとされる大型肉食恐竜「ティラノサウルス・レックス(T・レックス)」は、「うろこ」に覆われていたとする最新の研究結果が発表されました。
記事を読む

尿酸値が正常の範囲内にあっても腎臓に悪影響が生じる可能性

尿酸値が正常な範囲内であっても腎臓の血流や機能低下など悪影響が生じる可能性があると、大阪市立大の研究グループが発表しました。
記事を読む

人間が見たり理想している物体を脳活動パターンから予測する技術を開発

1

脳の活動パターンを人工知能モデルの信号に変換して、実際に見ている物体や想像している物体を解読する技術を開発したと、国際電気通信基礎技術研究所の研究グループが発表しました。
記事を読む

iPS細胞のみに毒性をもつペプチドの合成に成功

iPS細胞に対してのみ毒性をもつペプチドの合成に京都大の研究グループが成功しました。再生医療の際に未分化のiPS細胞を除去することで安全性を高められると期待されます。
記事を読む