バイオ研究を紹介するネットメディア 10.20 Sun
スキル
意外と細かい「正しいデスクワーク環境の基本」眼精疲労に悩む人は必見

3225

デスクワークで目の疲れや肩こりに悩まされていませんか?特にモニターの位置がからだに合っていない場合、気付かない間にジワジワと体に疲労がたまってしまいます。ここで今一度、体に優しいデスクワーク環境を確認してみませんか?
記事を読む

上達すると人間関係で苦労しない「スモールトーク」にはコツがある

167

ビジネス相手であっても同僚やサークル仲間でも、まずは「世間話」から会話をはじめると思います。この世間話や雑談のことを「スモールトーク」と呼びます。良好な人間関係を構築する上での潤滑油のような役割があるかも知れません。
記事を読む

「ベストな答え」を自在に導き出す脳力を使う方法

1597

仕事などで、どうしても解決策が見つからない困難な問題に出くわすことがあります。いくら考えても出口が見つからないとき、絶望の中で立ち止まってしまいます。しかしそんな大変な状況であっても、脳が最大限の力を発揮して「ベストな答え」を自動的に示してくれる方法があるそうです。
記事を読む

キーボードを分解しないで隙間のゴミを掃除する方法

1-20

毎日お世話になっているキーボードは、使っていくうちに汚れていくものです。とくにキーの隙間にたまったホコリや食べかす(?)などは衛生的にも気になりますね。キーをすべて外して掃除するのがベストな選択であることはわかるのですが、失敗して元に戻らなくなるリスクは避けたいし、専用の器具が必要だったりと本格的にやろうとするとかなり面倒です。そこで、何とかしてキーボードを分解せずに気になるキーの隙間の汚れを取り除く方法を調べてまとめてみました。
記事を読む

心の中で「呪文」を唱えることで読むスピードが格段に速くなる

1-4

本に限らず文章を読む機会は今も昔もあるのですが、学生の頃は小説だったりハウツー本だったり、「読みたいものを読む」ことがほとんどだったように思います。ところが、社会人になってからはどちらかというと、「必要だから」読む機会のほうが増えた気がします。
記事を読む

「腹!顔!唾!」日本人が英語を英語らしく話すためにすべきコツ

1

仕事で海外の人と会話をする必要のあるシーンは昔と比べるとずいぶん増えていますし、これからもずっと増えていくことが予想されますね。とくに日常的に英語を使う必要にせまられたり、あるいは海外出張や海外異動が予定されている場合だと、たとえ乗り気じゃなくても英会話学校に通い詰めて、どうにかして英語が話せるようにならざるを得ないことになります。
記事を読む

休み明けに無理なく「仕事モード」に入るためにすべきこと

1606

10月も下旬に入り、だんだんと肌寒くなってきました。今時期のような季節の変わり目というのは、体調を崩しやすい季節でもありますね。特に休み明けなどは、なかなか仕事モードにも入りにくいものです。そんなつらい月曜日にやるべき4つの事をご紹介します。
記事を読む

これからのビジネスはメールより「チャット」がスタンダードになるかも知れない

1-17

かつては仕事上で必要な連絡はすべて電話で行われていましたが、もはや特に緊急でない限りは「メール」を利用するのが当たり前の時代になりました。これは同じ組織内でのやりとりも同様ですね。しかし、これからの時代は「チャット」を活用する機会も多くなっていくのかも知れません。
記事を読む

ボールペンのインクが出ない、文字がかすれるときに試すべき方法

1-16

しばらく使ってないボールペンが書けなくなっていることがあります。もちろん、いつも使ってるものでも突然書けなくなることだって。そんなとき、新しく買い直してもよいのですが、ちょっとしたテクニックで蘇ることもあります。ここで捨てる前に試すべき「ボールペン復活法」をまとめます。
記事を読む

脳が「飽きた」と感じたときは「ハンドスピナー」で集中力を取り戻す

1-15

あまり変化のない単純作業を長い時間繰り返し行っているとき、「飽きたなあ」と感じることはよくあることです。とはいえ、それが仕事とあらば脳に鞭打って最後までやり遂げることでしょう。しかし作業が終わったときにはある種の達成感を得られるかも知れませんが、それでも脳的では多大なストレスがかかっています。
記事を読む

どうしても早起きができない時の「最終手段」について

1247

世の中には「早起きは三文の徳」ということわざもありますが、少し早起きすることで人生を豊かにしてくれることは確かにあります。「朝活」という言葉まで生まれましたね。
記事を読む

三日坊主にならずに習慣を身につける3つの方法

1-3

運動や語学の学習、資格の勉強など、何か新しく習慣を身につけるというのはとても大変なことです。
記事を読む

一日のうちで執筆仕事に最適な時間帯とはいつなのか

2

仕事で何らかの文章を執筆する機会は大なり小なりあるものですよね。この「文章執筆」という作業は、一日のうちどの時間帯で行うのが最も効率がよいのでしょうか。今回は、執筆するための時間の使い方についてまとめます。

執筆作業は創作活動

「執筆作業」とはもちろん文章を作成するという行為から成り立っているわけですが、これは一種の創作活動と呼べる類のものです。

創作活動というものを脳の働きという観点から見てみると、どのような時間帯が最適なのか。これについては、とある研究結果があるようです。

結論から言ってしまうと、どうやら「朝の早い時間帯」が適しているそうです。ではなぜ「朝」が創作活動にとって都合がよいのか。それはまだ体が本格的に起きておらず、脳もまだ本調子でないからというのが理由になっているとのこと。

午前と午後とでは脳が得意とする作業が違う

創作活動とは、ひと言で言ってしまうと「新しいアイデアを生み出す作業」です。これは、脳の中に散在している記憶の断片を結びつけて新たなモノを生み出していく作業です。

本来は関連性がなかった記憶の断片を結びつけてしまう脳活動は、言ってしまえばバグに近いものです。逆説的になりますが、頭が本調子でいる間は記憶と記憶の関連性は明確で間違いはないものの、「新たなアイデア」を生み出す能力という点で言えば、少々物足りなさがあります。

その点、朝起きてからまだ頭がしっかりと機能していない午前中の間では、記憶どうしの結びつきが整然としておらず、今までは思いもしなかった発想が脳内で飛び出してきます。

そのために、創作活動の一種である執筆作業は、午前中に行うのが適しているというわけです。

それでは午後の時間帯に適している作業とは、いったいどのようなものなのでしょうか。これについても一定の見解があるようです。

午後は朝起きてから十分に時間が経過しており、頭もしっかり目覚めていることから、より「分析的な作業」が適しています。

時間が経過して一日の後半になるにしたがって、脳の働きはより安定してきます。そのため、自由な発想はあまり生まれてきませんが、正確さが要求される作業をこなすには適しているというわけです。

そのため午後は、午前中に執筆した文章を推敲したり校正するなどの時間に充てるのが脳にとっては都合がよいようです。

新たなアイデアを生み出す最適な時間とは

このように、執筆作業をはじめとする創作活動、すなわち新しいアイデアを生み出す行為は、まだ頭が十分に起きていない午前中に行う方がよいようです。

また、違った見方で捉えるならば、アイデア創出は「自分にとってベストではない時間帯」がよいともいえます。

その意味では、頭がまだ働き始めていない午前中とは逆に、頭が疲れきっている夜もまた創造的な思考には適しているのではないでしょうか。

あるいは、お酒を飲んで軽く酔いが回っているときなんかも新しいアイデアが生まれやすいかも知れませんね。

頼まれごとを引き受けすぎないための4つの方法

1-2

仕事にもいろいろな類のものがありますが、一番やっかいなものといえば、本来自分がやるべき仕事とは別の「頼まれごと」という、下手をするともっとも優先しなければならなくなってしまうモノ。

そして、ある意味では最もやっかいなことに、この種の仕事は予想していないときに突然身に降りかかってきます。

同じ職場で働いている人のなかには、頼まれ上手(下手)の人がだいたい何人かいるものです。基本的にはスキルが高い人たちで、だからこそ頼まれてしまうわけなのですが、問題なのはすべての仕事を引き受けてしまうことです。

日本人は断るのが苦手と昔から言われていますが、確かにひとりで抱えてしまうタイプの人はいます。そして積み重なる頼まれ仕事に追われて押しつぶされてしまうのです。

なぜかいつも他の人よりも多くの仕事を抱えている。こんなのって、はっきり言って不公平ですよね。では、どうやって頼まれ仕事を回避すればよいのか。今回は、頼まれごとを引き受けすぎないためのテクニックについてです。

まずはスケジュールを確認する気持ちの余裕を持つこと

まずは返答する前に「スケジュールを確認する」ということです。

いきなり「時間ありますか?」と訊いてくる人けっこういますよね。これはある意味ずるいやり方だと思います。

つい簡単に「ある」と答えてしまうと、もう相手のペースです。どんなに面倒で時間のかかる内容でもNoといえる可能性はほぼ皆無でしょう。

そのため、内容をまず問い返してからスケジュールを確認する余裕を持つことが最も大事なことです。その時間と余裕が必要です。相手のペースに乗ってはいけません。

引き受ける前に具体的な情報をもらう

次に、すべきことは、しっかりと「必要な情報をもらう」ということです。

ありがちな話ですが、頼む側にとっては一度仕事を他の人に振ってしまえば自分の責任はなくなりますから、その心の余裕からか大事な情報が抜け落ちることがままあります。

そして、後になってから「頼んだことをきちんとやってくれなかった」「違っていた」とごねるものです。まずは何をして欲しいのか、具体的な情報を手に入れてから決断してもよいのではないでしょうか。

必要であれば嘘をつくことも大事

仕事などで嘘をつくことは信用の失墜につながるため、やってはならないことに数えられるでしょう。しかし、ある程度は「許される嘘」というものはあるはずです。

例えば会議などの資料を作成する作業をしているときに、「ちょっとお願い」と余計な仕事をまわされるケースがあります。

大した仕事でもなければ軽く引き受けてしまいがちですが、今すべき作業を中断することになり、さらに引き受けた仕事が案外時間のかかることかも知れません。

そんなときは、今の仕事に終わりが見えていたとしても、「ちょっと時間的に厳しいです」と言ってしまったとしても、信用を失うほどの嘘ではありません。実際に、完璧を期すためには時間的に厳しいと言えなくもないわけですから。

自分のルールをつくってしまう

断りやすい状況を作り出すにはどうしたらよいでしょうか。これは頼まれごと全般に関わることだとは思いますが、自分のスタンスというか、決めごとをつくってしまい相手に伝えてしまうわけです。

話はかわりますが、「連帯保証人になってほしい」と言われることがあります。断ることはすなわちその相手を信用していないことになりますから、なかなかうまい断り方が思いつかないものです。

こんなときは、「保証人になって大変な目にあった人が身内にいて、保証人にはならないことに決めているんです」と言えば、相手を傷つけずに断る理由になります。断りやすい方法は、きっとあるはずです。

頼まれたときに迷いが生じたときは、おおむね引き受けてしまうものです。受けた後で後悔するくらいなら、はじめから引き受けるか引き受けないかの線引きを自分の中につくってしまうことは大事なことです。

頼まれごとが多いことは、それだけ信頼されている証拠でもあります。しかし、「頼みやすい人だから」「この人は断らないから」という自分勝手な理由があることも事実です。

すべての仕事を引き受けていたら本来すべきことが疎かになってしまい、結局のところ損をするのは自分だけ。これも真実ではないでしょうか。

長時間のデスクワークが「痔」をもたらす原因とその対処法

長時間のデスクワークは体にさまざまな悪影響を及ぼしますが、「お尻」への影響も無視できません。日本人の3人に1人は「痔」だという説もありますが、実際のところ、だいたいの人は大なり小なりお尻の違和感を感じているのではないでしょうか。
記事を読む