バイオ研究を紹介するネットメディア 10.17 Wed

Windows10の動作を軽くするには設定を「パフォーマンス重視」にする

windows10

Windows10は使っていて楽しくなるとてもよくできたデザインですが、コスト重視のタブレットなどでは動作が重くなることがあります。そんなときは、「パフォーマンス」を優先する設定に切り替えて、簡単に高速化する方法があります。

設定を「パフォーマンス優先」に変更する

Windows10は、インストールしたままの状態ではデザインを優先した設定になっており、スペックを抑えたパソコンやタブレットではパワーが足りないことがあります。多少はデザインを捨ててでも動作を速くしたい場合は、システムの設定を変更して「パフォーマンス有性」のモードにします。

設定方法

Windows10の設定画面を開きます。

2-3

設定画面の中の[システム]をクリックします。

3-4

設定画面の左側にあるリストの一番下の[バージョン情報]をクリックします。

4-3

表示された画面の右上、「関連設定」の中にある[システム情報]をクリックすると、「システム」のウィンドウが新しく開きます。

5-1

左側のリストにある[システムの詳細設定]をクリックすると、「システムのプロパティ」のウィンドウが新しく開きます。

6-1

「パフォーマンス」の中の[設定]をクリックします。

7-1

[パフォーマンスを優先する]をクリックして、[OK]をクリックします。
これで設定は終わりです。

アニメーションや影など、デザインのみで重要な機能をオフにすることができるため、動作を軽くすることができます。

[カスタム]を選択すればそれぞれのデザイン機能ごとに決めることができるので、自分好みに細かく設定することも可能です。

Windows10はデザインも練られたOSになっていますが、そのぶんだけメモリーを使ってしまいます。もしパソコンやタブレットの動作が遅いと感じるようであれば、デザインを犠牲にしてパフォーマンスを向上させるのも、作業ストレスの軽減につながって快適になるのでおすすめです。

新着記事