バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 8.6 Thu

オフィスの仮眠用にアウトドアの「エアーソファー」が便利かも

1

仕事場でちょっと横になりたいとき、どうしても会社で泊まる必要がある場合など、簡易のベッドがあれば便利ですよね。ちょっと仮眠をとりたいときにデスクに突っ伏して寝るよりも、手軽に横になれるソファが欲しいと思うこともあります。




しかし、オフィスの片隅に仮眠用のベッドを置くのもなかなハードルが高いもの。普段はしまっておけて、使うときだけ手軽に設置できるようなものがいいですよね。そんなとき、意外とアウトドア用の「エアーソファー」がよいかも知れません。

エアーソファーとはいったい何か

333

エアーソファーとは、海や山でのキャンプ、あるいはフェスなどのイベントで使えるような、小型かつ軽量のアウトドアアイテムです。

簡単に組み立てられて手軽に水洗いできるという利点がありますが、これって、オフィスで使ってもとても便利なのではないでしょうか。


1111-2

組み立ては非常に簡単にできるように考えられています。筒状の形状をしているのですが、その口の部分を開いて左右に振って中に空気を入れ込みます。そして、そのまま袋の開口部を折りたたんでロックするだけで組み立て完了です。まあ、1~2分もあればできるのではないでしょうか。

大きさは2メートル以上あるので体の大きな人でも十分に横になることができますし、さすがはアウトドア用品で、耐久性も抜群です。150から200キロの重さに耐えることができるとのことですので、2~3人が乗っても大丈夫ですね。

11-3

収納するときも簡単。開口部のロックを外して空気を抜いたら、グルグルっと丸めて小さく畳んめば、あとは専用のバッグに入れるだけです。

さすがキャンプ用で携帯性が考えられているだけあって、重さも1キロほどなので手軽に持ち運ぶことができます。

素材もナイロン製ですから水でガシガシ洗えるので汚れを気にすることもありません。これなら横になりながらコーヒーを飲んでいて、ついこぼしてしまっても大丈夫ですね。ただし、寝タバコは厳禁ですが。

休憩室でサッと組み立てて寝るもよし、天気の良い日は屋上で日向ぼっこするもよし、会社で寝泊まりするときに本気モードで寝るもよし、値段も手頃なので、一つ持っていたら重宝するアイテムかも知れません。

各メーカーからざまざまな種類のものが市販されているので、下にあるようなものなど、アマゾンなどで探してみると気に入ったものが見つかると思います。

111-1

IRegro エアーソファー
¥ 2,680
耐荷量:200KGほど
使用時間:6-8H
正味重量:880g

新着記事