バイオ研究を紹介するネットメディア 10.17 Wed

「ベストな答え」を自在に導き出す脳力を使う方法

1597

仕事などで、どうしても解決策が見つからない困難な問題に出くわすことがあります。いくら考えても出口が見つからないとき、絶望の中で立ち止まってしまいます。しかしそんな大変な状況であっても、脳が最大限の力を発揮して「ベストな答え」を自動的に示してくれる方法があるそうです。

「夢」が最高の解決策を導き出す

ハーバード大の研究グループによると、最高の脳力を発揮してベストな解決策を導き出してくれるのは、なんと「夢」だとのこと。

ではどうやって「夢」から回答を導き出せばよいのか。

研究グループによると、眠りに落ちる直前に「自分の課題」に集中して取り組めば、人間の脳はベストな答えを導き出して夢の中で教えてくれるそうです。冗談のような話ですが、歴史上の重要な科学的発見も夢から生まれているとのこと。

  • 科学的手法の発見(ルネ・デカルト)
  • 神経が化学的な信号を送る事実の証明(オットー・レーヴィ)
  • 理論数学の主要な進化(シュリニヴァーサ・ラマヌジャン)
  • ベンゼンの化学構造(アウグスト・ケクレ)
  • 自然選択説(アルフレッド・ラッセル・ウォレス)
  • 周期表の発明(ドミトリ・メンデレーエフ)

サルバドール・ダリ、クリストファー・ノーラン、ポール・マッカートニー、エドガー・アラン・ポー、ニコラ・テスラ・・・彼らもまた、夢からアイデアを得て最高の仕事をしていたそうです。

本格的な睡眠からも効果的に解答を得られますが、5~10分程度の「うたた寝」程度であっても、同じようにベストな解答が得られるとのこと。

重要なポイントは、眠りに入る直前に課題に集中すること。そうすれば、夢の中で答えが示唆される可能性が高まります。

仕事でなかなか解決策やアイデアが思いつかないときは、思い切って寝てみるのも有効な方法なのかも知れませんね。

新着記事