バイオ研究を紹介するネットメディア 12.13 Fri

「腹!顔!唾!」日本人が英語を英語らしく話すためにすべきコツ

1

仕事で海外の人と会話をする必要のあるシーンは昔と比べるとずいぶん増えていますし、これからもずっと増えていくことが予想されますね。とくに日常的に英語を使う必要にせまられたり、あるいは海外出張や海外異動が予定されている場合だと、たとえ乗り気じゃなくても英会話学校に通い詰めて、どうにかして英語が話せるようにならざるを得ないことになります。

中学から高校、さらには大学も含めて語学としての英語をたたき込んできた日本人は、意外と文書だったら読むことができたり、英文も書くことができたりします。

しかし会話になると「からっきし」という人が多いのはなぜでしょうか。実は話すことはできるんだけど、いざ口から言葉を出そうとすると躊躇してしまう人もけっこういるようです。

のど元まで出てくるんだけど、どうしても口から出てこない理由は、どうやら「自信の無さ」が原因のようですね。

なぜ、自信が無いのか。それは、自分が話す英語が英語っぽくないから。どうしても日本語っぽい英語だから。

日本人なんだから、「日本語なまり」の英語になるのは当たり前なわけですが、どうしても下手くそな英語しか話せないと恥ずかしいと感じてしまうのは、日本人らしいと言えば、まあ日本人らしいですよね。そういうとこ、個人的に嫌いではないですが。

じゃあ、いったいどうすれば、「英語らしい英語」を話すことができるのでしょうか。

英語っぽい英語を話すためのコツ

基本的に、日本語と英語とでは「発話」するとき体の使い方に違いがあるようですね。

そのために、母国語として日本語を身につけている日本人がいくら英語を学んでも、やっぱり日本語っぽい英語になってしまいます。

そこで、自然と英語っぽく聞こえるように話すためには「あえて」以下に挙げたことを実践すればよいようです。

  • 腹筋に力を入れて話す
  • 顔の筋肉を大きく動かす
  • 「pとk」では唾を飛ばして、「vとz」では唇と舌を震わせて、「th」では舌を突き出す

どうですか?かなり「全力で話している感」が強いですよね。

日本人の英語はよく「平板だ」と言われますが、日本語の話し方がそういう感じだからでしょうね。もしかしたら日本人の気質がそうさせているからかも知れませんが。

一方、それに比べて特にアメリカ人の話し方はエネルギッシュ感がすごいですよね。中国人の話し方も似たようなところがありますが。

日本人が英語らしい英語を話すためには、とにかく腹筋と顔面筋に力を入れて、全力で話すことが必要なようです。唾を飛ばし、舌を震わせ、舌を突き出し、とにかく一生懸命に声を出していけば、どうやら英語らしくなるようです。

それから、ちょっと「低めの声」になるように意識するのも効果的だそうです。とくに緊張して高めになっているときほど、なるべく低くなるように意識して、腹に力を込めて声を絞り出しましょう。

新着記事