バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 7.31 Sat

弱い電気刺激を外部から脳に与えてかゆみを抑制 アトピー性皮膚炎などの処置に期待

 外部から脳に弱い電気刺激を与えてかゆみを抑えることができたと、生理学研究所の研究グループが発表した。アトピー性皮膚炎の効果的な処置などにつながる可能性があるという。

 大脳皮質の感覚運動野に弱い電気刺激を与えることで、痛みが緩和されることは知られている。

 研究グループは、感覚運動野がかゆみも感知することに着目し、同じように刺激を与えてかゆみを抑制できると考えた。

 実験では、成人14人の頭に簡易の通電装置を装着して、人によっては感じない程度の微弱な電流(1ミリアンペア)を15分間流して感覚運動野を刺激した。そして薬剤で腕にかゆみを引き起こし、感じ方を9段階で申告してもらった。

参考:朝日新聞

新着記事