バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 9.18 Sat

「やる気」が運動機能を担う脳の領域を活性化、リハビリが進むことを確認

 脊髄損傷後にリハビリで手の機能を回復させる際に、「やる気」を担う脳の領域が活性化することで運動機能を担う領域も活性化すると、自然科学研究機構生理学研究所や京都大などの研究チームが2日付の米科学誌「Science」で発表した。

 脊髄損傷や脳梗塞の後のリハビリでは、意欲をもって積極的に取り組むと回復が早い傾向があることが知られている。しかしこれまで、やる気を担う脳の領域「側坐核」が運動機能に直接関与することはないと考えられてきた。

 研究チームは、脊髄損傷後、約1カ月のサルの脳を調べた。その結果、側坐核の働きが高まると大脳皮質の「運動野」も活性化して手のリハビリが進むことが確認された。また、側坐核の働きを薬剤で一時的に抑えると、運動野の活動が低下して手がうまく動かなくなったという。

(via 時事通信

新着記事