バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 10.27 Wed

自閉症で聴覚過敏を併発するしくみを解明、自閉症の新たな診断法に期待

自閉症において聴覚過敏が起こる原因の一端を解明したとする研究結果を、三重大の研究グループが発表しました。自閉症を見分ける新しい診断法の開発につながる可能性があります。




自閉症はコミュニケーションや社会性の障害、こだわりを主な症状とする発達障害で、音への敏感さ「聴覚過敏」を併発することがあるが、原因は不明です。

研究グループは、自閉症モデルラットを調べ、聴覚過敏が聴覚抑制系の異常を原因とすることを突き止めました。

脳内においては、音の伝達経路は「増幅」する経路と「抑制」する経路から成り立ちます。

しかし、自閉症モデルラットでは、音を抑制する経路に障害がみられ、このことが聴覚過敏を引き起こす原因であると示唆されました。

異常がみられた脳の部分は音の方向を判断する領域でもあることから、「音が聞こえてくる方向がわかるかどうか」を基準にして、自閉症を診断できる可能性があります。

参照情報

新着記事