バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 2.23 Fri

筋力トレーニングが美肌をつくるメカニズムを解明

運動は脳や筋肉の老化を抑制することが言われていますが、皮膚に対してもプラスの効果があるようです。特に筋力トレーニングが見た目の若々しさに関連する可能性が示されました。




立命館大学の研究グループが行った実験では、40代から50代の女性61名を有酸素運動のグループと筋力トレーニングのグループにわけて、4カ月間にわたって週2回の運動を実施しました。

実験の前後で皮膚の計測、採血、体組成測定、運動パフォーマンス評価を行いました。

実験の結果、有酸素運動と筋力トレーニングはいずれも皮膚老化の指標である皮膚弾力性と真皮構造を改善。

そのメカニズムとして、運動による血中成分の変化が真皮の細胞外基質を増加させることが明らかになりました。真皮の細胞外基質には、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどがあります。

さらに、筋力トレーニングは加齢によって薄くなっていく、真皮の厚みも改善することがわかりました。真皮の厚みは、顔のシミやシワ、たるみ、見た目の若々しさに関連します。

これは、筋力トレーニングによって血中の炎症性ケモカインが減り、それによって細胞外基質の一種である「バイグリカン」が増えるためであることも明らかになりました。

バイグリカンとはプロテオグリカンの一種であり、これを持たないマウスは真皮が薄くなるとの報告もあります。

今回の研究結果から、筋力トレーニングが健康だけでなく美肌にもプラスの作用があることが示され、運動を始めるきっかけや継続するモチベーションとして役立つことが期待されるとしています。

筋力トレーニングが美肌に貢献することを世界で初めて報告 ~筋力トレーニングによる血中成分の変化が皮膚老化の改善に関与することを解明~