バイオ研究を紹介するネットメディア 11.22 Thu
脳力
大きな決断を下すときは「外国語」で考えた方がよい理由

1-12

生きていると、大なり小なり「決断」をする必要に迫られる機会がけっこうあります。今日のランチは肉にしようか魚にしようか、休憩時間は何を飲もうかなどの些細なことから、仕事上のリスクを伴う決断、あるいは人生という大きな流れの中ですべき大きな決断など。
記事を読む

学び始めの頃はつらいほど喜ぶべき 「もがき苦しむ」ほうが学習効果が高い理由

1-15

仕事に関係することであれ、遊びや趣味の部類に入ることであれ、なんらかのスキルを身につけるためには「苦しみもがく」プロセスを通る方が、結果的には効率がいいようです。
記事を読む

楽器の演奏を練習することで、あらゆる脳力が向上する

1-1

言語習得から記憶力、分析能力に空間認知など、脳機能のさまざまな能力をアップさせるためにはどうしたらよいでしょうか。実は、楽器を演奏する訓練が脳機能を高めてくれるという話があります。
記事を読む

むかしの「集中力」を取り戻すためには「暗記学習」をするのがよい

1-19

中高生や大学生のころには「集中力」が高いことが自慢だった人も、年齢を重ねるごとにだんだんと衰えていくものですね。受験勉強を頑張っていた高校時代、2時間や3時間は平気で勉強に集中し続けられていたという人も多いと思います。
記事を読む

記憶を効率的に呼び出すためには、覚える姿勢や環境に工夫が必要

1-11

英会話に使うフレーズや資格試験にパスするための知識、あるいは会議やプレゼンで話す内容など、記憶しなければならないことはたくさんあります。「記憶力」といえば、脳内の記憶領域に知識を蓄積する能力にばかり目がいきますが、同じように大事なことは、覚えた知識を効率よく「引き出す」能力です。
記事を読む

脳科学的に学習効果が高いのは最低でも「20分間」の休憩を取ること

1-3

社会人になっても何か新しいことを学ぶ機会はけっこうあります。学生のころは、それこそ毎日が勉強の日々でしたが、年とともに次第に新しい情報を覚えていくことって、苦痛になってきますよね。日常的な仕事の内容に直結する知識はともかく、資格試験の勉強など、ほぼ暗記に近いような内容だと、なかなか頭に入ってこなくなってくるものです。
記事を読む

「ベストな答え」を自在に導き出す脳力を使う方法

1597

仕事などで、どうしても解決策が見つからない困難な問題に出くわすことがあります。いくら考えても出口が見つからないとき、絶望の中で立ち止まってしまいます。しかしそんな大変な状況であっても、脳が最大限の力を発揮して「ベストな答え」を自動的に示してくれる方法があるそうです。
記事を読む

高強度インターバル運動によって脳機能を向上させることができる

1

からだの健康維持、または向上のために習慣的な運動がよいのはよく知られたことです。中でも最近では「高強度インターバル運動」の効果が話題になっています。高強度インターバル運動は、身体の健康だけではなく「認知機能」の向上にも効果があることが実験で明らかになってきています。
記事を読む

脳が「飽きた」と感じたときは「ハンドスピナー」で集中力を取り戻す

1-15

あまり変化のない単純作業を長い時間繰り返し行っているとき、「飽きたなあ」と感じることはよくあることです。とはいえ、それが仕事とあらば脳に鞭打って最後までやり遂げることでしょう。しかし作業が終わったときにはある種の達成感を得られるかも知れませんが、それでも脳的では多大なストレスがかかっています。
記事を読む

「マインドフルネス訓練法」でゾーンを体験、ハイパフォーマンスを獲得する

1-13

近年、ストレスを軽減したり集中力を高めるなどの効果があるとして、「マインドフルネス」と呼ばれる状態あるいは方法がビジネスや医療、教育現場などで注目されています。瞑想から生まれたとも言われるものですが、いったいどのようなもので、どのような効果があるのでしょうか。
記事を読む