バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 4.20 Sat
バイオコラム
人工RNAの設計を支援する世界初の深層生成モデル「RfamGen」を開発

京都大学iPS細胞研究所などの研究グループは、目的の機能と構造をもつ人工RNA設計を支援する世界初の深層生成モデル「RfamGen」を開発しました。
記事を読む

セロトニンが低下するとやる気がなくなる仕組みが判明

量子科学技術研究開発機構の研究グループは、セロトニンシステムの不調がやる気を低下させる仕組みを特定しました。
記事を読む

口の状態がよいと精神的に健康になる

口の状態が良い人は、栄養状態、行動範囲、孤立状態、精神的健康状態が良好であることが明らかになりました。口の健康が身体的・精神的健康に重要な影響を与えていることを示唆しています。
記事を読む

国産黒トリュフを人工的に発生させることに成功

トリュフは、世界三大珍味として知られる高級食材です。国内で流通するトリュフは、すべてヨーロッパや中国などから輸入されており、近年、その輸入額は増加しています。国内での需要も高まっており、令和4年の輸入額は約20億円に達しました。
記事を読む

新型コロナウイルス感染症が高齢者でより重症化しやすい理由を解明

北海道大学大学院歯学研究院の樋田京子教授らの研究グループは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化リスク因子である加齢が、肺血管内皮細胞の炎症反応と血栓形成亢進を引き起こすことを明らかにしました。
記事を読む

ネコが大好きなマタタビは安全であることが確かめられる

ネコにマタタビを与えても依存性や毒性がなく安全性が高いことが確かめられました。
記事を読む

心肺能力の向上は老化を遅らせることができるか

同じ年数を生きていても、体の老化の進行は人によって違うようです。なるべく若い体を維持する方法についてはさまざまな研究がされていますが、体力の中でも特に心肺体力と生物学的老化の関係についての研究結果が発表されました。
記事を読む

筋力トレーニングが美肌をつくるメカニズムを解明

運動は脳や筋肉の老化を抑制することが言われていますが、皮膚に対してもプラスの効果があるようです。特に筋力トレーニングが見た目の若々しさに関連する可能性が示されました。
記事を読む

グラスの飲み口が厚いと飲み物が甘くなることが明らかに

グラスの厚みの違いによって緑茶の味が変わることがわかりました。飲み口が厚いグラスは甘味を強くして、逆に薄いものは苦みを強くするのだという。
記事を読む

歯ぎしりと食物繊維の摂取量が関係している可能性がある

睡眠中の歯ぎしりをするひとは食物繊維の摂取量が少ない傾向があることが明らかになりました。食物繊維をとることで睡眠中の歯ぎしりが減るかも知れません。
記事を読む

ストレスで皮膚感覚が鈍くなるメカニズムを解明

私たち人間は、恐怖や痛み、急な温度変化などのストレスにさらされると過呼吸を引き起こすことがあります。そのとき、皮膚の痛みが感じにくくなることが知られています。いったいどのようなメカニズムがあるのでしょうか。
記事を読む

低糖質・高タンパク質食で作業記憶能が低下する可能性

低糖質・高タンパク質食生活が作業記憶脳に与える影響について、マウスを使った研究が行われています。実験の結果、海馬の神経可塑性が低下し、作業記憶も低下することが示されました。
記事を読む

新型コロナウイルス感染症の重篤化のメカニズムを解明

新型コロナウイルス感染症の新しい重篤化機序を解明したと、京都府立医科大学らの研究グループが発表しました。
記事を読む

過酷なウルトラマラソン後に起こる腸内細菌叢の変化とは

フルマラソンよりも過酷な超長距離を走る「ウルトラマラソン」の日本人ランナーの腸内細菌を調査した結果、特定の細菌が減少することが明らかになりました。
記事を読む

ラットも人間と同様にビートに合わせて身体を動かすのか

ラットは人間と同じように音楽のビートに合わせて身体を動かすのかどうか。そしてそのテンポは同じなのかどうかが調べられました。
記事を読む