バイオテクノロジー・医薬にまつわる話題をお届け 4.28 Fri
医療・健康
糖尿病が心臓病や脳卒中のリスク因子と知っているのは半数未満

厚生労働省研究班の調査によると、糖尿病が心臓病や脳卒中などの循環器疾患を引き起こすことを認知しているのは半数未満であることがわかりました。
記事を読む

エアコンの風、人が感じない「不感気流」でも睡眠に悪影響の可能性

睡眠中のエアコンは、人が感じない程度の弱い風であっても睡眠の質に影響を及ぼす可能性があると、豊橋技術科学大の研究グループが科学誌「Energy and Building」で発表しました。
記事を読む

日本人の平均寿命が過去最高を更新、厚労省が発表

2015年の日本人の平均寿命について、男女ともに過去最高を更新したと、厚生労働省が発表しました。男性は80.75歳、女性は86.99歳となりました。
記事を読む

非アルコール性脂肪肝の改善に効果のある運動プログラムが明らかに

非アルコール性脂肪性肝疾患で、肝脂肪の蓄積と肝硬度を改善するのに効果がある運動トレーニングがわかったと、筑波大の研究グループが科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」で発表しました。
記事を読む

納豆をよく食べる人は脳卒中による死亡リスクが3割低い

納豆をよく食べる人では脳卒中で死亡するリスクがおよそ3割低いとする研究結果を、岐阜大の研究グループが発表しました。
記事を読む

ファーストフードの包装紙からフッ素化合物を検出、人体に有害の可能性、米国の調査

ファーストフードで商品を包む容器や包装紙には、食べ物に染み込むおそれがある化学物質が使われていることが多いとする米国の調査結果が発表されています。
記事を読む

結局のところ、睡眠はどうすればよいのか?厚労省の「睡眠指針」を読み解く

健康な生活習慣のためには「良質な睡眠」を心がける必要があることは、よく知られています。睡眠の質を良くする方法について数多くの情報がありますが、結局のところ、どういう点に気を付ければよいにでしょうか。ここでは、厚生労働省が作成する「睡眠指針」を読み解くことで、最良の睡眠方法を学びます。
記事を読む

26種類の抗生物質に耐性をもつCREに感染した女性、米国で死亡

 26種類の抗生物質すべてに対して耐性をもつ「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)」に感染した70代の女性が米国で死亡していたことがわかった。
記事を読む

ピーナツアレルギー発症を予防、乳児期に摂取を推奨、NIH指針

 ピーナツアレルギーの発症を避けるため、発症のおそれのある乳児は早い段階でピーナツを含む食品を摂取するよう勧める指針を、米国立衛生研究所(NIH)が発表した。
記事を読む

喫煙者は動脈硬化が進むリスクが高くなる調査結果

 喫煙者は非喫煙者と比べて、動脈硬化が進むリスクが高いことが滋賀医科大の研究グループの調査で明らかになった。
記事を読む