バイオ研究を紹介するネットメディア 5.27 Mon
健康
性交渉未経験の割合は2002年を境に増加している

性交渉の経験についてはいつの時代もさまざまなメディアが取り上げる話題の一つですが、研究機関が真剣に取り組んだ調査はあまりないかも知れません。東京大学の研究グループは、出生動向基本調査を用いて詳細な分析を行いました。
記事を読む

夜型の生活習慣は虫歯リスクを高めてしまう

2

近年は虫歯や歯周病などがほかの病気の発症リスクを高める要因になる可能性が指摘されていますが、生活習慣と虫歯との関連もまた研究されています。どうやら、夜型の生活をすると虫歯のリスクを高めてしまうようです。
記事を読む

スメルハラスメントは実際にストレス応答を発生させていた

1

近年は不快なニオイを巡るトラブルが会社や地域などで発生しており、「スメルハラスメント」などと言われています。ところで、悪臭による不快感は、実際に身体的なストレスを発生させているのでしょうか。
記事を読む

寄生虫によって本当にダイエット効果があるのか、実験で証明される

1

近年は世界中で肥満が増加していますが、高血圧や高血糖、動脈硬化などの危険性が高まり、さまざまな病気の原因となるため社会問題となっています。世の中にはさまざまなダイエット方法が知られていますが、「寄生虫によって痩せる」といった方法が昔から知られています。
記事を読む

「筋力」をアップしたいのであれば、筋トレは1セットだけで十分である

1

なるべく効率的に筋力をアップするためにはどのようにトレーニングを行えばよいのか。トレーニングジムや書籍、あるいはネットメディアなどでさまざまな情報が手に入りますが、トレーニングの「セット数」は注目される話題のひとつです。
記事を読む

なるべく多くの歯を残したほうが適切な睡眠時間を維持できる

1

健康な歯を保つことと全身の健康との関係が指摘されていますが、最近の研究からは健康な「歯の本数と睡眠時間」の関係が明らかになっています。なるべく多くの歯を残すことが、適切な睡眠を維持することにつながるようです。
記事を読む

魚を食べないと大動脈疾患の死亡リスクが2倍に、月1から2回で予防に効果

2

日常の食生活にほとんど「魚」を取り入れていない人は、大動脈疾患による死亡リスクがおよそ2倍にも増加してしまうことが明らかになりました。そして、月に1回から2回程度食べていればリスク増加を防げることもわかりました。
記事を読む

自分がドライアイかどうかを自宅で簡単に確認できる方法が判明

1

パソコンやスマートフォンをよく使っていたり、あるいはコンタクトレンズの装着時間が長くなると目の疲れに悩まされることがあります。とくに「ドライアイ」になってしまうと目の表面に傷がついているケースもあるため、早めに診断をして対処する必要があります。
記事を読む

大きな重力がかかるドラゴンボールの「精神と時の部屋」で実際に運動学習能力が高まることが判明する

1

「ドラゴンボール」では、主人公の悟空が戦闘能力を高めるために通常の10倍も大きな重力を受ける重力室(精神と時の部屋)で修行をします。中央大学の研究グループは、実際に過重力環境をつくると運動学習能力が高まることを実験で確認しました。
記事を読む

入浴習慣は動脈硬化や心機能によい影響を及ぼす

1

入浴する習慣はやはり健康によいようです。愛媛大学の研究グループは、入浴習慣が心機能や動脈硬化に対して好影響を及ぼすことを実験で明らかにしています。
記事を読む

健康のためにウォーキングをするならば「ガムを噛みながら」が効果的な理由

1

ふだん運動をする習慣がないと運動不足になりがちです。健康のためにウォーキングを日課にしている人も多いと思いますが、ウォーキングをするなら「ガムを噛みながら」がいいようです。いったいどうしてなのでしょうか。
記事を読む

男性型脱毛症「AGA」もまた、ストレスや生活習慣で重症化する可能性

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝的要因や男性ホルモンの影響があるとされてきましたが、実は環境的要因も関係していることが明らかになってきました。やはり、生活習慣やストレスもまた悪影響を及ぼしているようです。
記事を読む

睡眠や休息が十分なのに疲れが取れないのは「脳」が疲れているかも

1-12

十分に休んでいるつもりなのに、溜まった疲れがとれないことはありませんか?十分に睡眠を取ったり、あるいは休日にじっくりと体を休めているはずなのになんとなく疲れが取れていないときは、「脳」が疲れているのかも知れません。疲れがどうしても抜けないときは、「マインドフルネス」が脳に休息を与えてくれます。
記事を読む

高強度インターバル運動によって脳機能を向上させることができる

1

からだの健康維持、または向上のために習慣的な運動がよいのはよく知られたことです。中でも最近では「高強度インターバル運動」の効果が話題になっています。高強度インターバル運動は、身体の健康だけではなく「認知機能」の向上にも効果があることが実験で明らかになってきています。
記事を読む

30分以上座り続けると死亡リスクが上昇してしまう

17

デスクワークで一日中座り続けることが健康に悪影響を与えることは、これまでもさまざまな研究結果などから繰り返し言われてきました。それでは、いったいどれくらい座り続けると健康に悪いのか。今回、新たにわかった研究結果から言えることは、「30分間」を目安にデスクワークを休憩して少し歩くとよいようです。
記事を読む