バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 2.23 Fri
健康
口の状態がよいと精神的に健康になる

口の状態が良い人は、栄養状態、行動範囲、孤立状態、精神的健康状態が良好であることが明らかになりました。口の健康が身体的・精神的健康に重要な影響を与えていることを示唆しています。
記事を読む

心肺能力の向上は老化を遅らせることができるか

同じ年数を生きていても、体の老化の進行は人によって違うようです。なるべく若い体を維持する方法についてはさまざまな研究がされていますが、体力の中でも特に心肺体力と生物学的老化の関係についての研究結果が発表されました。
記事を読む

筋力トレーニングが美肌をつくるメカニズムを解明

運動は脳や筋肉の老化を抑制することが言われていますが、皮膚に対してもプラスの効果があるようです。特に筋力トレーニングが見た目の若々しさに関連する可能性が示されました。
記事を読む

グラスの飲み口が厚いと飲み物が甘くなることが明らかに

グラスの厚みの違いによって緑茶の味が変わることがわかりました。飲み口が厚いグラスは甘味を強くして、逆に薄いものは苦みを強くするのだという。
記事を読む

歯ぎしりと食物繊維の摂取量が関係している可能性がある

睡眠中の歯ぎしりをするひとは食物繊維の摂取量が少ない傾向があることが明らかになりました。食物繊維をとることで睡眠中の歯ぎしりが減るかも知れません。
記事を読む

ストレスで皮膚感覚が鈍くなるメカニズムを解明

私たち人間は、恐怖や痛み、急な温度変化などのストレスにさらされると過呼吸を引き起こすことがあります。そのとき、皮膚の痛みが感じにくくなることが知られています。いったいどのようなメカニズムがあるのでしょうか。
記事を読む

低糖質・高タンパク質食で作業記憶能が低下する可能性

低糖質・高タンパク質食生活が作業記憶脳に与える影響について、マウスを使った研究が行われています。実験の結果、海馬の神経可塑性が低下し、作業記憶も低下することが示されました。
記事を読む

過酷なウルトラマラソン後に起こる腸内細菌叢の変化とは

フルマラソンよりも過酷な超長距離を走る「ウルトラマラソン」の日本人ランナーの腸内細菌を調査した結果、特定の細菌が減少することが明らかになりました。
記事を読む

スプリンターは鍛えすぎると重くなり、スピードが出にくくなるのか

スプリンター、つまり短距離走者は脚力を鍛えすぎると脚が重くなってしまい、逆にスピードを出しにくくなるのではないか。そのような疑問を解決する研究が行われています。
記事を読む

女子の方が睡眠不足で精神的不健康との関連も大きい

近年では睡眠や規則正しい生活習慣の重要性がますます認識されてきており、子どもの夜更かしや睡眠習慣についての問題が懸念されています。
記事を読む

剣道選手の視覚機能を評価する検査方法が明らかに

スポーツ選手にとってさまざまな視機能が重要であると考えられますが、いったいどのような機能が必要でしょうか。
記事を読む

コーヒーの摂取による認知症の発生リスク低下についての調査研究

コーヒーに認知症を予防する効果がある可能性が示されました。その効果にはカフェインが関わっているかも知れません。
記事を読む

メントールによって持久運動の能力が向上する

暑いなかでたとえばマラソンのような持久運動をする際、冷たい飲料水やメントールを摂取することで、運動能力を伸ばすことが報告されています。
記事を読む

電気の力で減塩食の塩味を増強するスプーンを開発

日本人の1日あたりの食塩の摂取量は成人男性で10.0グラム、成人女性で9.3グラムと言われており、WHOの基準と比較してもとても多いとされています。

近年は健康志向の高まりから減塩食品の市場が拡大していますが、多くの人が減塩食に不満を抱いているとのこと。
記事を読む

自尊心はどの年代が一番高いのか

みなさん自尊心は高いほうですか?それとも低いほうですか?一般的に自尊心の高さは年齢とともに変化していくそうです。
記事を読む