バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 2.9 Thu

メントールによって持久運動の能力が向上する

暑いなかでたとえばマラソンのような持久運動をする際、冷たい飲料水やメントールを摂取することで、運動能力を伸ばすことが報告されています。




これは暑さによる不快感が軽減することで運動能力によい効果をもたらすためと考えられます。

メントール溶液を飲んだり塗ったりすると冷たさを感じますが、実際に温度が下がったのではなく、メントールが冷たさを感じる神経を刺激するために冷感を感じ、これによって息苦しさが緩和するためです。

東北大学の研究グループは、暑くない環境下での運動においてもメントールの刺激が運動能力の改善に役立つかどうかの実験をしました。

競技レベルのエリートランナーを対象に高強度ランニングを行い、ランニング中の息苦しさと疲労困憊にいたるまでの時間、つまり時給運動能力をメントール溶液の摂取の有無で比較しました。

また、ランニング前後では長いパイプを介した呼吸によって、呼吸困難感のテストも行いました。

その結果、高強度ランニング中にメントール溶液を摂取すると、水の飲用と比べて運動中の息苦しさを緩和して、持久運動能力を伸ばすことがわかりました。

下のグラフは、トレッドミルランニングの走行時間の結果を示しています。

メントール溶液を摂取することで、ランニング走行時間が伸びました。

呼吸困難感については、水の飲用のみでは呼吸の苦しさを示したものの、メントールを摂取しておくと苦しさを感じなくなることが明らかになりました。

下のグラフは、ランニングの最終段階、疲労困憊直前の飲料摂取による呼吸の感じ方を示しています。

つまり、メントール溶液の摂取は高強度の持久運動中の息苦しさを緩和して、運動能力を伸ばすことが示されました。これは、メントール冷感作用は暑さ対策だけではなく、運動能力の発揮にも有用であることを示しています。

メントールの量は通常の食品に含まれる量や濃度の範囲内で、また呼吸循環器系に特別なアドバンテージを与えるものではないため、ドーピングには相当しないという。

また、ランニングなどの運動習慣のないひとや疾病をもっているひとでも、運動による息苦しさの緩和を通じて運動に対する心理的な抵抗感を緩和することが期待できるとしています。