バイオ研究を紹介するネットメディア 5.20 Sun
バイオテクノロジー
人類の進化の歴史を塗り替える可能性がある「ホモ・ナレディ」を巡る論争

2013年9月、南アフリカ共和国にある洞窟の奥深くから、およそ1550個という大量の人骨化石が発見されました。その特徴から新種とされ、「ホモ・ナレディ」と名付けられましたが、いろいろと問題があるようです。
記事を読む

3秒ルールはアリだが5秒ルールはナシ、真面目な研究結果から

食べものを落としたときに「3秒以内は食べてもオーケー」という都市伝説的なルールが世の中にはあります。どうやらアメリカでは少し長く「5秒ルール」の方がメジャーなようですが。これらのルールは科学的に証明されているのでしょうか。。
記事を読む

鋼よりも強い!?クモの糸を使った新素材「スパイダーシルク」が戦闘服になるかも知れない

最新のバイオテクノロジーを結集した「スパイダーシルク」が米軍の戦闘服に使われる可能性がでてきました。米バイオ企業「Kraig Biocraft」がつくる最強の糸は、いったいどのような素材なのでしょうか。
記事を読む

バクテリアの群れを使った電力発電が可能になるかも知れない

バクテリアが縦横無尽に動くエネルギーを使って発電できる可能性があると、オックスフォード大学の研究グループがコンピュータシミュレーションで示しています。小型デバイスへの応用が期待されます。
記事を読む

機械と生物のハイブリッド、心筋細胞を使った「エイ型ロボット」が開発された

ハーバード大の研究グループが、ラットの心筋細胞を使ってわずか10グラムの超小型ロボットを作製しています。効率的な動きを手に入れるために参考にしたのは、「エイ」でした。
記事を読む

研究者が作り上げた微生物のリアル「パックマン」の動画が話題になっている

迷路内でモンスターたちの追跡をパックマンがかわすゲーム「パックマン(Pac-Man)」のリアルな世界を、ノルウェーの研究者たちが作り上げました。動画が公開されているので見てみましょう。
記事を読む

「観測史上最も暑い夏」と言われた2016年、ラニーニャが発生する今夏の気温は?

7月に入り全国的に暑い日が続いています。先週の1週間で熱中症により救急搬送された人は2800人を超え、去年の同時期と比べて5倍以上。春には「観測史上最も暑い年」になる可能性があると話題になりましたが、今年の日本の夏はどういう傾向があるのでしょうか。
記事を読む

食生活を変えることで本当に瞳の色が変化するのか?

近年は10代から20代を中心に「カラーコンタクトレンズ」を着用して目の印象を変え、ファッションの一部として楽しんでいるひとも増えています。ところが、なんと食生活を変えることで「瞳の色」を変えることができると主張している人たちがいるそうです。
記事を読む

幸福度を式で表すとどうなるか?

みなさんはどんなときに幸せを感じますか?あるいは、どういう状況であれば幸せになれると思いますか?海外の研究グループが、「幸せの方程式」なるものを科学誌「Nature Communications」で発表しています。
記事を読む

ニュータイプの遺伝子組換え作物が、「遺伝子組換え」の定義を揺るがす

先月、米科学アカデミーが「遺伝子組換え作物は安全」とする報告書を公表して話題になりましたが、それとはまったく別の問題が発生しています。遺伝子組換え作物の「定義」そのものが揺らいできました。
記事を読む

ぶどうを一切使用せずにワインを作ろうと研究している猛者達がいる

近年のめざましい化学の進歩は食品業界に大きな変化を与えています。果汁ゼロパーセントのフルーツジュースなど、あらゆる種類の合成食品がスーパーに並んでいます。そして、世の中には「ワイン」を合成して作ってしまおうというツワモノがいるようです。
記事を読む

異性にモテる遺伝子タイプが実験で明らかに?俺様男には吉報か?

バイオテクノロジーの発展によって個人の遺伝子を簡単に調べることができるようになってきました。もし、自分のもっている遺伝子が異性にモテるタイプかわかるとしたら、知りたいと思いますか?
記事を読む

地球上から人間がいなくなるとどうなるか?4分半の動画が話題になっている

地球上からすべての人間が消えると、その後どのようなことが起こるのか――約4分半の動画が話題になっています。
記事を読む

「バイオアーティスト」が自分の手を幹細胞で培養中

最近は3Dプリンターを使っていろんなモノを作るひとが出てきていますが(一部では、刑事事件にも発展していますね)、海外には「自分の手」を幹細胞で育てるのに活用している「バイオアーティスト」がいるようです。
記事を読む

高身長だけがモテるわけではない!人間は同じくらいの身長の異性を求めている

むかしから「高身長」な男性がもてると言われていますが、最近の遺伝子研究の結果からは全く異なる結果が導き出されています。遺伝子は、高身長の異性を求めるのか、低身長の異性を求めるのか、あるいは・・・?
記事を読む