バイオ研究を紹介するネットメディア 7.22 Sun
脳科学
縄文人と8千年前のラオス人のゲノム配列がとても似ていることが判明する

1

日本列島や東南アジアから出土した人骨のゲノムを解析する研究から、日本人の由来に関する有力な知見が得られたようです。約2千年前の日本で生きていた女性と最も似ていたのは、現在の「ラオス」に8千年前に生きていた人だという。
記事を読む

ツーペダル操作よりワンペダル操作のほうが運転が楽しいことを日産が証明する

1

日産自動車と産業技術総合研究所が共同で、自動車の運転において「ペダル操作」の違いがどのように脳と心に影響を与えるかについての実験結果を発表しています。
記事を読む

高齢者は赤信号が続くとイライラしやすいことが判明する

高齢者と若者を対象に運転シュミレーターの実験をしたところ、高齢者は赤信号が連続して続くと怒りを感じることが、心理実験や脳計測によって明らかになりました。また、実行機能が弱い高齢者ほど怒りやすいことも判明したようです。
記事を読む

脳の海馬が記憶容量を保ち続ける仕組みが解明される

1

脳の海馬がもつ記憶容量はそれほど大きくはないにも関わらず、なぜ記憶を獲得して蓄え続けることができるのでしょうか。その答えを富山大学の研究グループが発見しました。そこには記憶力の低下予防に運動が役立つ理由もかくされていました。
記事を読む

マインドフルネスが幸福感を高める脳のメカニズムが解明される

近年はストレス軽減や集中力の向上、あるいは幸福感を高めてくれる効果が得られるとして「マインドフルネス」が注目されています。しかし、マインドフルネスを実践しているときに脳内ではどのようなことが起こっているのでしょうか。京都大学の研究グループは、「機能的結合性解析」という手法を用いてマインドフルネスのメカニズムを解明しています。
記事を読む

顔写真に水玉を貼り付けた「ハスコラ」が気持ち悪い理由

1

顔写真に「水玉模様」を貼り付けたコラージュ「ハスコラ」がなぜ気持ち悪く感じるかについて、心理学やデザインの観点から検討した結果を筑波大学の研究グループが発表しています。
記事を読む

頭の回転のよさに脳内のヒスタミンが関係している可能性

1

作業記憶(ワーキングメモリ)に前頭葉のヒスタミンH3受容体が関係していることがわかりました。「頭の回転の速さ」とヒスタミンの関係や認知機能障害の新たな治療法について研究が進む可能性があります。
記事を読む

セロトニンは未来を信じて辛抱強く待ち続ける力を強くする

1

日常生活やビジネスの現場では「辛抱強く待つ」ということがとても重要なケースがあります。報酬が得られる可能性や、その時期がわからない状況で、脳はどのようにして長く待つことを可能にしているのでしょうか。どうやらここでも「セロトニン」が活躍しているようです。
記事を読む

「眠気」の正体を解く鍵となるタンパク質80種を特定

1

私たちにとって「睡眠」とは生きていくために必要不可欠の行為。人生のおよそ3分の1を費やす大事なものですが、意外とあまりよくわかっていません。しかしマウスを使った実験から、「眠気」に関係する重要なタンパク質80種が特定されたことから、眠りの機能の研究が大きく前進する可能性があります。
記事を読む

自閉症スペクトラムは「方言」を使わない傾向がある

1

日本人は「日本語」という1種類の言語を使っていますが、それでも各地方によってさまざまな「方言」が存在します。その一方で「標準語」もまた同じように使用することが多いですが、どうやら自閉症スペクトラム(ASD)の人は方言を使用しない傾向があることがわかりました。
記事を読む

人間の脳には中間色に反応する細胞も存在する

1

デジタルカメラはカラー写真を作り出すために、カラーフィルターを使って光を赤色、緑色、青色に分解して認識し、それらの組合せによって表現しています。人間の場合もまた同様に、いくつかの色の組合せとして認識していることが明らかになっています。
記事を読む

研究者が発見した「明晰夢」をみる方法で成功率が上昇

1

「明晰夢」とは、「いま、自分は夢を見ている」と自覚できる特別な夢のことです。現実世界のようにリアルなのに、現実では絶対にできないことが自在にできるまさに「夢のような世界」です。
記事を読む

ホモ・サピエンスが生き残った要因は小脳の大きさ?

1

われわれ人類、つまり「ホモ・サピエンス」はどのように進化してきたのか。かつては、ネアンデルタール人から進化を経て生まれたと解釈されていましたが、現在では両者は5千年もの間、はヨーロッパにおいて共存していたと考えられています。今から、およそ4万年前のことです。
記事を読む

時間をかけて熟考してからの失敗が、高い学習効果を生む

11

学校の定期試験や受験、あるいは資格試験などで最も重要な勉強法のひとつに、「問題を解く」ことが挙げられます。

問題を自分の力で解答したのちに正解を確認して、自分の中で間違っていた記憶や解法を修正していくことで、着実に学習を進めていくことができるからです。
記事を読む

英文を処理するやり方は男女で違う、文法優先かことばの意味優先か

1

脳の活動においていくつかの男女差がみられることは、さまざまな研究から明らかになってきており、また実際の生活においても男女の違いをさまざまな場面で感じることがあります。
記事を読む