バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 7.16 Tue

新型コロナウイルス感染症が高齢者でより重症化しやすい理由を解明

北海道大学大学院歯学研究院の樋田京子教授らの研究グループは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化リスク因子である加齢が、肺血管内皮細胞の炎症反応と血栓形成亢進を引き起こすことを明らかにしました。




COVID-19の重症化には、サイトカインストームと呼ばれる全身性の強烈な炎症反応や血栓形成の異常亢進が関与すると考えられています。肺血管内皮細胞は、肺局所と全身循環を連絡する主要な細胞であり、COVID-19の致死的病態形成において重要な役割を担うと考えられています。

研究グループは、マウス馴化SARS-CoV-2を若齢マウスと加齢マウスにそれぞれ感染させ、肺の病理組織像を比較解析しました。加齢マウス肺では高度の炎症性変化と多量の血栓が観察され、COVID19死亡例の肺所見と類似していることが分かりました。また、感染肺から血管内皮細胞のみを単離し、その遺伝子発現を若齢・加齢間で比較解析したところ、加齢マウス肺血管内皮細胞では若齢と比べ、ウイルス遺伝子、炎症関連サイトカイン、血栓形成関連遺伝子のレベルが高いことが分かりました。

これらの結果から、加齢マウス肺血管内皮細胞では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の取り込み量と細胞応答が亢進しており、これがCOVID-19の重症化につながる可能性があると考えられます。

本研究成果は、COVID-19の重症化予防や治療法の開発に貢献することが期待されます。

新型コロナウイルス感染症が若者よりも高齢者でより重症化しやすいのはなぜか?~肺血管内皮細胞の加齢変化が重症化病態の背景の一つだった!〜