脳科学などバイオ研究のニュースや話題 12.17 Sun
研究・実験書
がん代謝 ワールブルグを超えて全容解明に挑む

がん代謝 ワールブルグを超えて全容解明に挑む¥ 5,832
 がんの代謝研究は糖代謝からアミノ酸・脂質代謝へ,さらに免疫細胞・腸内細菌との関係へと広がりを見せ,代謝を標的とした診断・創薬研究も活発化しています.本書では基礎から臨床応用まで最新の成果を紹介します.
詳細を読む

amazon

ワインバーグ がんの生物学(原書第2版)

ワインバーグ がんの生物学(原書第2版)¥ 15,120
 がん研究の第一人者として世界的に著名なロバートA.ワインバーグの名著「The Biology of Cancer」の改訂版.がんの生物学の歴史や分子生物学を駆使した最先端の基礎研究から臨床研究,治療について分かりやすく解説された本書の初版翻訳版は日本翻訳出版文化賞を受賞.今版でもストーリー性のある理解しやすい解説と多くの図・写真は健在.この間に解明されたこと,進展した治療法などの情報更新がなされ,さらに“がん”の正体に迫っている.
詳細を読む

amazon

免疫ペディア:101のイラストで免疫学・臨床免疫学に強くなる!

免疫ペディア:101のイラストで免疫学・臨床免疫学に強くなる!¥ 6,156
 複雑な免疫学を体系的に解説! ビジュアライズされた紙面と豊富なイラストですぐに理解! 免疫学の基礎から,がん免疫・腸内細菌など注目の話題までしっかり網羅! 河本宏先生描下ろしイラストの表紙が目印です.
詳細を読む

amazon

デヴィータがんの分子生物学 第2版

デヴィータがんの分子生物学 第2版¥ 9,936
 
近年のゲノムDNA解読技術の目覚ましい進歩と,それを支えるバイオインフォマティクスの発達によって,がんのゲノム・エピゲノム変化の全体像が明らかになり,その結果,有効な分子標的治療法が次々と臨床の場にもたらされている。本書は,このようながんの最新情報が,海外の一流執筆陣によってコンパクトにまとめられた素晴らしい内容のものであり,がんの研究・臨床にたずさわる者にとって最適の教科書として強く推薦したい。特に今回の改訂では,プレシジョンメディシン時代の到来にあわせてクリニカルシークエンシング,遺伝カウンセリングが大きく取り上げられており,まさに時宜を得たものといえる。
詳細を読む

amazon

理系学生が一番最初に読むべき! 英語科学論文の書き方

理系学生が一番最初に読むべき! 英語科学論文の書き方¥ 2,160
 自分にみえたものを科学論文として皆に知らせていくのは,科学の世界に生きる科学者や研究者の義務である.東大教養学部の画期的な英語科学論文指導ALESSプログラムで理系学生を指導する著者たちが,はじめて英語科学論文にとりくむ理系学生を対象に,論文の構造であるIMRaDなど,科学論文に必須の知識を解説する.
詳細を読む

amazon

行動しながら考えよう 研究者の問題解決術

行動しながら考えよう 研究者の問題解決術 ¥ 2,592
 行動しながら考えれば,あなたの研究生活を取り巻く「悩み」を解決できる.重苦しい悩みに足を絡め取られた状態で漫然と実験をするのはもうやめよう.あなた自身を取り戻し,あなたが一番するべき仕事に集中しよう.
詳細を読む

amazon

実験で使うとこだけ生物統計1 キホンのキ 改訂版

実験で使うとこだけ生物統計1 キホンのキ 改訂版¥ 2,376
 好評の入門書が統計家の査読を受け改訂! 母集団や標本を「研究者」として理解していますか?検定前の心構えから平均値±SD,±SEの使い分けまで,検定法の理解に必須な基本を研究者として捉え直しましょう.
詳細を読む

amazon

実験で使うとこだけ生物統計2 キホンのホン 改訂版

実験で使うとこだけ生物統計2 キホンのホン 改訂版¥ 2,916
 好評の入門書が統計家の査読を受け改訂! いわれるがまま検定法を選んでいませんか?2群の比較から多重比較,分散分析まで研究者がおさえておきたい検定法を厳選.統計の本質をつかみ正しい検定を自分で選びましょう!
詳細を読む

amazon

食欲と食嗜好のサイエンス〜体外からの味・匂いと、体内の栄養情報に揺り動かされる決断のメカニズム

食欲と食嗜好のサイエンス〜体外からの味・匂いと、体内の栄養情報に揺り動かされる決断のメカニズム¥ 2,160
 ヒトは、カロリー摂取の目的のみにて食べるにあらず。味覚と嗅覚、体内の代謝状態、内臓感覚が揺らがせる「食欲」と「おいしさ」。そこに秘められた分子・神経基盤に迫る!
詳細を読む

amazon

アクセプト率をグッとアップさせるネイティブ発想の医学英語論文

アクセプト率をグッとアップさせるネイティブ発想の医学英語論文¥ 3,456
 日本人が書く医学英語論文の多くはなぜ「英語らしく」ないのか。それは日本語と英語の間には発想法の溝があり、それが理解できていないからだ。難しい単語は必要ない。本書で紹介する重要な基本動詞と英語表現が自由に使いこなせれば、アクセプトはグッと近づくはずだ。
詳細を読む

amazon