脳科学などバイオ研究のニュースや話題 10.21 Sat
2017年 2月
肥満になると血糖値が高くなる分子メカニズムを解明

肥満になると血糖値が高くなる仕組みを解明したと、東北大の研究グループが科学誌「Cell Reports」で発表しました。糖尿病やメタボリックシンドロームの治療につながると期待されます。
記事を読む

バイオ燃料の最有望藻類「ナンノクロロプシス」の高いオイル生産の秘密を解明

バイオ燃料の生産に最も有望とされる藻類「ナンノクロロプシス」が高いオイル生産を可能にする仕組みを解明したと、東京工業大や国立遺伝学研究所の研究チームが発表しました。オイル生産の能力の改良につながると期待されます。
記事を読む

遺伝子発現の乱れをタンパク質分解で調整する新しい仕組みを発見

遺伝子発現の乱れをタンパク質分解で調整する新たな仕組みを解明したと、岡山大の研究グループが科学誌「PLOS Genetics」で発表しました。
記事を読む

狙った臓器で金属触媒反応、体内で薬を直接合成に期待

狙った臓器で金属触媒による有機反応を起こすことにマウスの実験で成功したと、理化学研究所の研究グループが科学誌「Angewandte Chemie International Edition」で発表しました。がんなどの疾患部位で薬などを直接合成することが可能になると期待されます。
記事を読む

湯川秀樹 詩と科学

湯川秀樹 詩と科学¥ 1,512
 日本人初のノーベル賞を受賞した湯川秀樹は「科学界の詩人」と呼ばれ、端正な文章で人々を魅了した。鋭い観察眼と人間愛光る名随筆。
詳細を読む

amazon

エピジェネティクスの生態学—環境に応答して遺伝子を調節するしくみ

エピジェネティクスの生態学—環境に応答して遺伝子を調節するしくみ¥ 3,456
 生物の世界では、クローンなのに環境変化に対する反応がちがう、そして次の世代にもその性質が引き継がれるなど、不思議な現象が見られます。エピジェネティクスは、DNA配列の変化をともなうことなく、生物の性質を変えるメカニズムです。それは、短い時間での環境への対応をもたらします。このことが、野生生物の進化や生態に影響を与えていないはずがありません。エピジェネティクスの視点は、生態学、進化学に新たな局面をもたらすでしょう。この本では、エピジェネティクスの基本的なメカニズムと生物の性質の関係を解説し、またこれまでになされた野外での研究を紹介します。また、これまで突然変異しか考慮してこなかった適応進化の考え方の再構築を迫る可能性を持つエピジェネティクスの可能性、研究法も解説します。
詳細を読む

amazon

理性の起源: 賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ

理性の起源: 賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ¥ 1,836
 理性があることは進化で有利か。どのような理性が進化したか。最新の諸科学の成果からヒトらしさの根源に迫る知的エンタテインメント。
詳細を読む

amazon

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業¥ 1,944
 「水やり10年」と言われる農業。熟練農家の技は極めて高度である。センシング技術を生かすAI農業は、そうした技を「形式知」にできる。高度な技を短期間で習得できるほか、知財としての“輸出”も可能だ。国も注目するその手法を、最もよく知るキーパーソンが解説する。
詳細を読む

amazon

ゴリラは戦わない

ゴリラは戦わない¥ 864
 ゴリラの世界は、誰にも負けず、誰にも勝たない平和な社会。石橋を叩いても渡らない慎重な性格で、家族を愛し、仲間を敬い、楽天的に生きる。人間がいつのまにか忘れてしまった人生観を思い出させてくれる「ゴリラ的生き方」とは何か?京都大学総長と旭山動物園前園長が、ゴリラの魅力について存分に語り合った話題の一冊!
詳細を読む

amazon

看護の現場ですぐに役立つ 感染症対策のキホン

看護の現場ですぐに役立つ 感染症対策のキホン¥ 1,620
 感染症対策の知識は看護師(ナース)自身の身を守るためにも、患者さんの安全な入院生活のためにも必要不可欠です。しかし、忙しい臨床現場ではなかなか先輩ナースに知識を確認することもできません。本書は、臨床現場ですぐに役立つ感染症対策の知識をわかりやすくまとめた教科書です。感染症対策における基礎知識、臨床現場でよく見かける感染症、処置に対しての感染症対策、事例、病棟以外の部署での対策にわけて解説します。
詳細を読む

amazon