バイオ研究を紹介するネットメディア 12.14 Fri

よりハードな仕事は老兵が担うシロアリ社会

1

アリやハチなどの昆虫は複雑な「社会生活」を営んでおり、それぞれの個体の年齢によって担当する仕事の内容が違っています。このような「齢分業」にはどのような意味があるのでしょうか。

シロアリの社会で齢分業がどのような要因で成立しているのかについて、京都大の研究グループが研究しています。

研究グループによると、年齢の違う兵隊では巣を守る役割が違うことが明らかになっています。

実験によると、新兵は近衛兵として女王のそばに集中しており、一方で老兵は王室から遠く離れた外部に多くいることがわかりました。

つまり、より死亡リスクの高い最前線で積極的に防衛を担当するのは「老兵」で、どちらかというとあまりリスクの高くない巣の中心部を守るのは「新兵」だとのこと。

いったいどのような要因で、このような違いがあるのでしょうか。

まず考えられるのは、新兵では防御能力が低いため、天敵と最前線で戦う役目は経験豊富な老兵が担うということ。

しかしながら、実験によると、新兵のみで防衛させても老兵と同じレベルでの防衛能力を示したため、どやら防衛能力の高低が問題ではないことがわかりました。

防衛能力に違いがないにもかかわらず、老兵が最前線に出て天敵と戦い、新兵は直接戦うことがめったにない王室で近衛兵としての役割を担うのはなぜか。

研究グループによると、余命の短い老兵が死亡リスクの高いハードな仕事を引き受けることで、巣全体としての機会損失を最小化しとり、防衛力を効率的に維持しているのだという。

防衛能力に違いがないのであれば、リスクの高い仕事は老兵が担う。社会全体としては効率のよい役割分担ですが、なかなか非情なコミュニティを形成しているようです。

新着記事