バイオ研究を紹介するネットメディア 1.26 Sun

ラットの神経細胞を使って原始的な「人工脳」を作ることに成功

ラットの神経細胞で人工脳作製

朝日新聞

 ラットの神経細胞を特殊な物質に含ませて培養して、原始的な「人工脳」を作製することに、米マサチューセッツ州タフツ大の研究チームが成功した。人間の細胞を使った人工脳も作製を進めているという。

 同大のデビッド・カプラン教授らは、ラットの神経細胞を「絹でできたスポンジ状の物質」に含ませて培養するとこの物質を足場にして成長することを発見した。人間の大脳は糸状の神経繊維が集まった「白質」の表面を「灰白質」が覆う二層構造をしているが、足場をドーナツ状にして培養するとドーナツ部分は灰白質、中央部は白質に分かれた構造になった。

 この「人工脳」は、衝撃を加えると実際の脳と同様の反応を示し、また化学物質と電気信号を発するという。

参考:朝日新聞

新着記事