バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 5.17 Tue

イネの高温ストレス耐性を高める方法を開発「DPB3-1」遺伝子を導入

 イネの高温ストレス耐性を高める新たな方法を開発したと、東京大や理化学研究所の研究チームが「Plant Biotechnology Journal」で発表した。植物の生育や収量に影響しない方法で、ほかの農作物でも応用できると期待される。

 植物はストレスを受けると耐性を高め、環境に適応するためにさまざまな遺伝子を発現させる。

 これらの遺伝子を強く発現させて耐性を向上させる方法が考えられるが、耐性獲得と食物の生長はトレードオフの関係にあり、多くの場合は生育や収量に悪影響を与えてしまうという課題があった。

 研究チームは、ストレス耐性に関わる遺伝子の発現を上昇させるシロイヌナズナの転写因子「DPB3-1」をイネに導入した。

 その結果、高温ストレス耐性を高めるさまざまな遺伝子の発現が向上して、イネの高温ストレス耐性が高まることがわかった。

 さらに、DPB3-1を導入してもストレスのない条件下でイネの生育や収量に悪影響を与えないことも確認した。

 温暖化による気温上昇や熱波による農作物の収量低下を防ぐ技術の開発につながると期待される。

(via 東京大学

新着記事