バイオ研究と仕事術を紹介するネットメディア 3.2 Tue

受精で精子が卵子を活性化する「受精カルシウム波」の新たな仕組みを線虫で解明

 受精において精子が卵子の中に「受精カルシウム波」を起こす新たな仕組みを線虫で解明したと、理化学研究所の大浪修一チームリーダーらの研究グループが科学誌「Cell Reports」で発表した。

 卵子は物質の合成をほとんど行わない不活発な細胞だが、受精すると活性化して卵子内のカルシウム濃度変化が伝播していく「受精カルシウム波」が生じる。

 研究グループは、線虫「C. elegans」の受精カルシウム波を高速イメージングで捉えることに成功した。

 また、精子に存在するカルシウム透過性チャネル「TRP-3」が、受精直後に精子の侵入付近で急激なカルシウム濃度の上昇を引き起こし、これをきっかけとして卵子全体にカルシウム波が発生することを突き止めた。

 受精カルシウム波を起こす仕組みは生物種によって異なるとされている。精子のカルシウム透過性チャネルを利用する仕組みとしては、受精前に精子内に溜め込んだカルシウムを卵子内に放出する「カルシウム爆弾仮説」もあるが、今回の結果から「精子導管仮説」が有力であることが示された。

参考:理化学研究所

新着記事