バイオ研究を紹介するネットメディア 10.17 Thu

DNAはバネとして働いて核の「強さ」を生み出している

細胞の核の「強さ」はDNAが「バネ」として働くことで生み出されていると、国立遺伝学研究所の研究グループが発表しました。

細胞の核の中にはDNAが収納されています。細胞や核は押されたり引っ張られるなど物理的な力に絶えずさらされており、この力によってDNAが切れてしまうと細胞に問題が生じます。

これまでは、細胞の核はその硬い殻の構造によって内部のDNAを守っていると考えられてきました。

研究グループは、極細のガラス針を使って細胞の核を直接触り、力をかけたときの核のゆがみから核の「強さ」を計測しました。

その結果、核は外部からの力に抵抗するために「硬さ」と「弾性」を併せ持っており、その弾性力は核の中に収納されたDNA自体によっても生み出されていることがわかりました。

今回の研究から、遺伝情報を納めるためのメモリデバイスとして機能しているDNAが、核の「バネ」として働くことで核の「硬さ」をい制御するという、DNAの新しい役割が示されました。

参照情報

新着記事