バイオ研究を紹介するネットメディア 12.13 Fri

あまりに速いスピードで体が成長すると、脳が追いつかない

10代の少年は急速に体が成長していくものですが、その成長スピードが速い少年では脳がその速さに追いついていないとする研究結果が発表されています。

急激に成長する10代のころは、歩き方が「ぎこちなくなる」ことがよくあるという。

研究グループは、88人の15歳の少年について、調査期間中に身長が3センチ以上伸びたグループと1センチ以下だったグループに分けました。

そして少年たちの両脚にセンサーを取り付けて歩き方を計測し、実験の前後で歩き方がどうなったかを調べました。また、少年たちには歩行中に暗算をしてもらい、歩行制御の「相対的な認識要求」を測定しました。

調査の結果、急速に成長した少年はあまりスムーズに歩行できず、歩き方と歩幅が安定しなくなることがわかりました。

研究グループによると、成長期には末梢で起こる変化に順応していく期間が必要だが、ゆっくりしたペースで成長する少年のほうが成長による変換にうまく対応していくという。あまりに速いペースで体が大きくなると、その変化に脳が追いつかないというわけですね。

参考:WIRED

新着記事